ADD TASTY

管理栄養士の美容と健康を考えた食事ブログ

ピーナッツバターを使っておいしさUP【細胞からキレイに♡ビタミンE④】

f:id:mifumim:20210605224332p:plain

抗酸化パワーレシピの3週目はビタミンE。 

アーモンドたらこかぼちゃに続き、今回はピーナッツです。

 

ビタミンEは脂溶性ビタミン。

 

細胞膜は脂質でできているので、脂溶性ビタミンであるビタミンEは細胞膜の酸化を抑えて、過酸化脂質から細胞を守ってくれる働きがあります。

 

脂質は摂りすぎもいけないけれど、カロリー減らすことばかり意識していたら、必要な脂質も減ってしまう…

なんてことは避けたいですね。

 

では、ビタミンEが豊富なピーナッツバターを使ったレシピ3種です!

 

 

ピーナッツバターを使ったレシピ3種

私のお気に入りは、ポリフェノールレスベラトロールが含まれる渋皮入りのピーナッツバター。

お砂糖は入ってません!

f:id:mifumim:20210603144739j:plain

もう、何度リピートしてるんだろう…と思うほど、こればっかり使ってます。

 

楽天でも買えます。 

▶ 無糖のピーナッツバター

 

このピーナッツバターを使って、使い方無限の2種のレシピと、サラダを紹介します。

 

ピーナッツバターカレーソース

f:id:mifumim:20210602212600j:plain

以前から我が家で人気高きソースの1つがこちらのピーナッツカレーソースです。

鶏肉や豚肉のグリル、サラダチキンやささみ、温野菜などにかけて食べると美味しいです。

 

【材料】

 作りやすい分量です。

 

【作り方】

  1. だし汁以外の材料を合わせてよく混ぜ、だし汁を少しずつ加えながら混ぜる。
  2. 好みの野菜などにかける。

 

※食パンににこちらのピーナッツカレーソースとグリル玉ねぎ、チーズをのせてトーストにした、即席カレーパンは大人気でした♡

 

ピーナッツ味噌

f:id:mifumim:20210602214552j:plain

これを作っておけば、後は好みの野菜と和えるだけ!いんげん、キャベツ、玉ねぎ、わかめなどお好みの野菜にかけたり、和えたりしてお召し上がりください。

 

【材料】

 作りやすい分量です。

 

【作り方】

  1. だし汁以外の材料を合わせてよく混ぜ、だし汁を少しずつ加えながら混ぜる。

 

 私は、いんげん『低温調理コウイカ』のピーナッツ和えにしてみました。

f:id:mifumim:20210602215124j:plain

野菜のシャキシャキ食感が残ってる方が好みなので、30秒くらいでさっと茹でるようにしています。いんげんの食感を出したいなら、短時間で茹でるのがおすすめ。


さつまいものピーナッツサラダ 

f:id:mifumim:20210603143206j:plain

さつまいもの甘味×ピーナッツバターのコクで美味しさUP!リッチな味です♡

さつまいものように甘みを生かした食材を使って、塩分を加えない料理を1品作ると、塩分の摂りすぎ防止にもなりますよ~
 

【材料】

 2~3人分の材料です。

 

【作り方】

  1.  さつまいもを蒸してつぶす。
  2. ボウルにさつまいも、★の材料を入れて和え、レーズンとピーナッツ粉末を加えてさらに和える。
  3. 器に盛る。

 

ピーナッツバターは薄皮入りがおすすめ!

ピーナッツはビタミンEが豊富な食材です。

 

そして、レシチンという成分が脳細胞を活性化してくれる働きが期待できます。

アンチエイジングのためには脳の活性化も大切なので、ビタミンEの抗酸化パワーだけじゃなく、他の機能成分があることも嬉しいポイントです!

  

 

 ピーナッツバターを使ったレシピはこちら。

 

 

今日も、ピーナッツバター入りのパンを焼きます!

パンをほおばる時に、ふわっと香るピーナッツバターの香りが私を幸せにしてくれるので、ピーナッツバター入りパンの虜♡

 

ランキングに参加中です。
いつもポチッと応援、感謝してます♪♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村