ADD TASTY

管理栄養士の美容と健康を考えた食事ブログ

【あっつあつ♪カレードリアレシピ】大人気ピーナッツカレーをアレンジ

我が家で大人気なピーナッツバターカレーソースを使って、超手軽なドリアを作りました。

 

以前はこのピーナッツバターカレーを使ってカレーを作り、色々アレンジしましたが、今回はドリア。

家族に好評でリピートしています。 

 

このブログのお料理は、

化学調味料、白いお砂糖を極力使用せず、美容と健康を考慮した食事を考慮してます♪

 

美容と健康を大切にしたい方の参考にしていただければ幸いです!

 

 では、冬にぴったりあっつあつのカレードリアを紹介します。

 

 

『ピーナッツカレーのドリア』

f:id:mifumim:20201208221653j:plain


以前ご紹介したピーナッツバターカレーソースを使用した、ドリアです。

 

カレーソースを作るのに、火を使わず混ぜるだけ。具材さえそろっていれば、子どもでも簡単に作れる我が家で人気のドリアです。

今日はあの具がイイ!この野菜入れて!など、自由にできるので、お好みの材料でお作りください♡

 

材料

  • ごはん 2人分
  • ゆでえび 150g
  • しめじ 1P
  • ブロッコリー 1/4株
  • 塩 少々
  • ブラックペッパー 少々
  • チーズ 60g
  • クミンシード お好みで
  • オリーブオイル 少々

 

【カレーソースの材料(2人分)】

 

作り方

  1. カレーソースの材料を器に入れ、混ぜてソースを作る。

    f:id:mifumim:20201209114927j:plain

  2. えび、しめじ、ブロッコリーを蒸す。(ゆでてもOK)
  3. グラタン皿にオリーブオイルを塗り、ごはんを入れて塩、胡椒をふる。
  4. えび、しめじ、ブロッコリーを盛り、ソースをかける

    f:id:mifumim:20201209114442j:plain

  5. チーズをかけて、好みでクミンシードをふるf:id:mifumim:20201209114502j:plain
  6. トースターで10~15分程グリルする
  7. 出来上がり

 

アンチエイジングポイント

質の悪い植物オイルや、加熱したオイルを使わないのが、このドリアのポイントです。

 

そして、ドリアは高温で焼くので、アンチAGE食材であるスパイスやブラックペッパー、αリポ酸の豊富なブロッコリーを使用しています。

 

ドリアと一緒に、蒸したチキンと野菜サラダを一緒に食べたので、 

チキンを蒸すときにクミン、オレガノをかけてハーブチキン2種にしてみましたよ~。

そして野菜は色の濃いリーフをたっぷりです。

 

一緒に食べるもを抗酸化作用の高いものにするのもいいかも。例えば、

みたいな感じにするのもいいと思います。

 

栄養ポイント

ピーナッツバター、チーズでカロリーが増えるので、具はえびときのこ、ブロッコリーとし、具でカロリーが増えないよう、考慮しました。

 

  • ゆでえび75g 70kcal弱 (ゆで卵1個より低カロリー)
  • ピーナッツバター大さじ1(12g) 76kcal
  • チーズ30g 98kcal(私の使用したものは100g328kcalでした) 

 

ドリアと言えば、ブラウンルウを使うことが多いかと思いますが、

 

  • カレールウ20g 102kcal
  • ハヤシルウ20g 102kcal

 

という感じです。具材選びでカロリーコントロールが良さそう。

 

それ以外にも、ゆで卵、蒸した鶏肉、サラダチキン、アサリ、イカ、ツナも合います。

野菜は、ほうれん草やアスパラなんかもいいな~と思ったり。

ごはんを控えめにしたい場合は、たっぷりきのこと混ぜてきのこでかさましがオススメです。(私はこちらを採用してます!)

 

お好みの具材でお楽しみ頂ければうれしいです♡

 

「とろーりアツアツ♪グラタン&ドリア」コーナーにレシピを掲載中!

 

ポチッと応援していただければうれしいです♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

 

愛用食材♡

抗酸化成分レスベラトロールを含んだ渋皮入りのピーナッツバター。200g入りでたっぷり入っていてお得です。