ADD TASTY

管理栄養士の美容と健康を考えた食事ブログ

【低温調理】毎日の料理が断然楽になる!温度にこだわらずに楽ごはん『ハーブ銀鮭』

f:id:mifumim:20201126221520j:plain

今日は1週間ぶりくらいに低温調理器を使用しました。

しっとりした銀鮭を食べたかったんです!

 

低温調理器を使い始めて数か月。ある重大事実に気づきました。

私は低温調理器をマニアックに使いこなしたかったわけではなく、美味しい毎日を過ごしたいだけだと。

ということで、温度にこだわることはほぼやめました

 

超簡単に美味しい魚料理を食べられる『ハーブ銀鮭』を紹介します。

 

ハーブ銀鮭

今日の夕食のメインは、銀鮭でした。

 

なぜただの銀鮭ではなくハーブ銀鮭かというと、それはもちろん抗AGEのため、アンチエイジングのためです。 

 

【低温調理】ハーブ銀鮭
レシピ▶【低温調理】ハーブ銀鮭


超手軽に作れる銀鮭2切れ分の材料はこちら

 

 

作り方は、

 

  1.  銀鮭に塩とブラックペッパー、ハーブをかけて耐熱の袋に入れ、
  2. レモン汁とオリーブオイルを入れて袋を閉じ、
  3.  低温調理器で65℃1時間加熱する

 

だけです。

 

アンチエイジングポイント

以前学んだ老化のAGEを溜めないレシピ本老けない食べ方の本

それを元に、アンチAGE食材とされる、レモン、香辛料(ブラックペッパーとイタリアンハーブミックス)を使用したところがポイントです。

 

そして、焼くよりも蒸す、茹でる方が、AGEを溜めない調理法です。

温度が高くなる調理を避けた方がよいということなので、低温調理は抗AGEのためによい調理法と考えられます!

 

そして、添え野菜には、食物繊維が豊富なきのこと、αリポ酸を多く含むブロッコリー

冬は大好きなアンチエイジング食材・ブロッコリーが安くて助かります。

 

魚料理が苦手な人でも上手にできる!

低温調理を使えば、どんな人でも魚料理が簡単にできると思います。

 

私は魚料理が超苦手でした。なぜなら、温度や時間を間違えれば生だったり、焼き過ぎてカチカチだったり…。

何年も料理していればコツがつかめそうなものですが、やっぱり苦手でした。

 

その理由は、火加減やフライパン、魚の厚みで調理の時間が違うから。

半生を心配して加熱時間を長くすればパッサパサ…

パッサパサになるのを心配したら半生…

振り返ると、正直、魚料理に嫌気がさしていた感じもします。

 

それを克服させてくれたのが、低温調理。

調味料を間違えなければ、失敗知らずです!!

 

温度を決めておけば超簡単

低温調理を「楽する調理器具」と定義してしまうことにしました。

(こだわりたくなったら、温度にこだわろうと思います。)

 

私は、温度にこだわるより、安全を選びました。

 

低い温度で食中毒にハラハラしながらよりも、適度に美味しく安全に食べたいので、温度は65℃は固定。

魚の切り身なら1時間加熱すると決めています。

(心配な方は70℃や75℃でどうぞ。自己判断でお願いします。)

 

とっても楽です♪

 

余談ですが、

お料理より食べる方が好き~♪という中3娘がいます。

日々、低温調理器を使用した肉や魚料理を食べているので、

「一人暮らしするなら絶対買うものNo.1が低温調理器」と常に言うほど、楽で美味しくいただけるらしい。

 

便利な道具を上手に活用すれば、毎日がぐっと楽に、美味しい料理が食べられます。

 

洗い物も超楽だし、余分な調味料を使わなくなり、醤油などの調味料を買う頻度が減りました。

 

ということで、低温調理器は私の調理の幅を広げつつ、時短させてくれた便利な調理器具。

 

これからも、美味しく、楽で、美容によい低温調理レシピを考えていきたいな~と思います♡

 

使用中のリーズナブルな低温調理器はこちら。

Hismileプレミアム真空調理器Sous vide

 

 

クリックが励みになります♡