ADD TASTY

管理栄養士の美容と健康を考えた食事ブログ

【低温調理】で簡単に!アンチエイジングな『鮭そぼろ』と活用レシピ3種

f:id:mifumim:20210420214934j:plain
『鯛そぼろ』 に続き、今回は『鮭そぼろ』です。

 

美容と健康のために魚介類を食べた方がいいとわかっていても、家族も私もお肉が好きなので、自然に肉を選んでしまう私。

そのため、自分に魚介!魚介!と言い聞かせて、魚料理を作ることが定着してきました。

 

では、アンチエイジングな調理法を活用した『鮭そぼろ』のレシピとアレンジレシピを紹介します!

 

 

アンチエイジングな『鮭そぼろ』レシピ

f:id:mifumim:20210420083627j:plain

鮭&サーモンには強い抗酸化作用のある色素・アスタキサンチンが含まれています。そのため、老化防止が期待できます!

グリルよりも低温調理のほうがアンチエイジング向き。今回は酢でマリネしてから調理し、プロトックス対策をしました。
 

【材料】

 

【作り方】

  1. 耐熱の袋に鮭と酢を入れて、空気を抜いて袋の口を閉じる。冷蔵庫に入れて1時間ほど寝かす。(前日準備しておいてもOK!)
  2. 65℃に設定した低温調理器で1~2時間加熱する。
  3. 骨や皮を除いて鮭の身をほぐす。(水分はできるだけ切っておく)
  4. ボウルに★の調味料を入れて合わせ、鮭を加えて和える。

 

魚を食べよう!『鮭そぼろ』活用アレンジ3種

ご飯に合うので、食欲をそそりますが、美容&健康を考えると食べ過ぎは控えたい。

それも考慮し、『鮭そぼろ』のアレンジは低カロリーな海藻や野菜を使いました。

 

『わかめの鮭そぼろ和え』

f:id:mifumim:20210420083613j:plain

低カロリーなわかめはダイエット向き。そして、食物繊維が豊富なので腸活にもピッタリです。お弁当や副菜の1品としても大活躍!娘のお弁当用に、ひじきバージョンも作りました。

 

【材料】

2人分の材料です。

  • 湯通しわかめ 30g
  • 『鮭そぼろ』 大さじ2程度
  • 胡麻 小さじ1/2

 

【作り方】

  1. わかめを食べやすいサイズにカットする。
  2.  すべての材料を和える。
  3. 器に盛る。

 

『粉ふきいもの鮭チーズ和え』

f:id:mifumim:20210420084934j:plain

同じ炭水化物仲間でも、穀類に比べてカロリーの低いじゃがいもを使用。

チーズとそぼろをミックスしましたが、チーズと醤油は何気に相性が良いので、おいしくいただけます。
 

【材料】

3人分の材料です。

  • じゃがいも 大1個
  • 『鮭そぼろ』 大さじ3程度
  • 粉チーズ 大さじ2

 

【作り方】

  1. じゃがいもの皮を剥き、一口大にカットし、水から茹でて粉ふき芋を作る。
  2. 粉チーズと『鮭そぼろ』を加えて和える。
  3. 器に盛る。

 

『新玉ねぎグリルの鮭あんかけ』

f:id:mifumim:20210420205712j:plain

鮭そぼろにしっかりと味がついているので、あんの味の調整がとっても楽!野菜をグリルしている間にさっとできるのもお手軽ポイントです。お好きな野菜、季節の野菜で作れます。

 

【材料】

  • 新玉ねぎ 1個
  • えんどう 1015こ
  • ★水 100g
  • ★醤油 小さじ1
  • ★『鮭そぼろ』 大さじ3
  • ◇片栗粉 小さじ1
  • ◇水 大さじ1
     

 

【作り方】

  1. 玉ねぎを輪切りにし、えんどうは筋を取る。トースターで30分グリルする。(私は120℃くらいでグリルしました)
  2. 小鍋に★の材料を入れて火にかける。
  3. 沸騰したら火を止め、水溶き片栗粉(◇の材料)を加え、よく混ぜながら再度火にかけ、あんを作る。
  4. 器に①の野菜を盛り、あんをかける。

 

低温調理のすばらしさを実感

低温調理で作る魚料理は、しっとり感が抜群!低温調理の虜になってます。

 

しかも、低温調理の方が、美容と健康にいいなんて本当に優れてるな~と思うばかり。ただ、骨がある魚は袋が破れる心配があるのでNGですが…
 

今回は酢でマリネしてから作る鮭そぼろでした。

酢の酸味は多少残りますが、さっぱり食べられるな~程度です。子ども達は全く気づきもしていませんでした。
 

可能なかぎり、酢でプロトックス対策していこうと思います。

 

ランキングに参加中です。
いつもポチッと応援、感謝してます♪♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村