ADD TASTY

管理栄養士の美容と健康を考えた食事ブログ

【抗酸化パワー◆β-カロテンWEEK③】茹でたほうれん草を使って簡単にできちゃうレシピ3種

f:id:mifumim:20210519202952p:plain
抗酸化パワーレシピの1週目はβ-カロテン。

にんじんモロヘイヤに続き、β-カロテン③はほうれん草です。

 

β-カロテンは強い抗酸化作用があり、老化予防に役立ちます。体内で必要に応じてビタミンAに変わり、皮膚や目の健康維持に役立つと言われています。

 

ほうれん草はルテインを含み、脳活食材としてもおすすめです。我が家では週に1人1袋分は必ず買っています。

 

今回は、茹でてストックしておいたほうれん草の簡単アレンジレシピ3種を紹介します!

 

ほうれん草は茹でてストック!

f:id:mifumim:20210519200233j:plain

ほうれん草はたくさん食べたいけれど、食べるたびに茹でたり、炒めたりするのは正直面倒くさい…。そんな私が思いついたのは、たくさん茹でておき、食べやすいサイズにカットしておくことです。

 

余ったら、お味噌汁に入れてしまえばOK!

 

ほうれん草を使ったレシピ3種

我が家では、週2回くらい2Pずつ茹でて冷蔵庫にストックしています。

その日の気分に合わせて、和え物にしたり、サラダにしたり、メインの食材に添えたりしてます。

 

ほうれん草×ピーナッツ味噌

 

f:id:mifumim:20210518083318j:plain

茹でたほうれん草にピーナッツ味噌をかけるだけの簡単レシピ。和えてから器に盛ってももちろんOKです。 β-カロテンの吸収率UP食材は脂質の多いピーナッツです。

 

【材料】

 2人分の材料です。

  • 茹でたほうれん草 100g
  • ★味噌 小さじ2
  • ★醤油 小さじ1
  • ★さとう 小さじ1
  • ★ピーナッツ粉末 小さじ2
  • ピーナッツ粉末(ちらす分) 少々

 

【作り方】

  1.  ★の材料をよく混ぜる。
  2. 茹でたほうれん草を器に盛り、★をかけ、好みでピーナッツをちらす。

 

ほうれん草×即席シーザーサラダ

f:id:mifumim:20210519200837j:plain

こちらは、今日の私のランチ。ほうれん草にポーチドエッグと粉チーズ、オリーブオイルをかけて即席シーザーサラダに変身! 吸収率UPの脂質が多い食材は、チーズ、オリーブオイルです。 

 

【材料】

 1人分の材料です。

  • 茹でたほうれん草 100g 
  • グリルまいたけ(好みもきのこでOK) 20g
  • グリルにんじん(なくてもOK) 20g
  • ポーチドエッグ 1個
  • 粉チーズ 小さじ1
  • 塩 少々
  • ブラックペッパー 少々
  • オリーブオイル 小さじ1/2

 

【作り方】

  1.  茹でたほうれん草、まいたけ、にんじんを皿に盛り、ポーチドエッグを真ん中にのせる。
  2. 粉チーズ、塩、ブラックペッパーをふりかけ、オリーブオイルをまわしかける。

 

ほうれん草×ささみ×胡麻

f:id:mifumim:20210518083616j:plain

ほうれん草料理の王道といえば胡麻和え。胡麻は脂質が多い食材なので、β-カロテンの吸収率UP食材として活用です。

ダイエット中のメインの料理にしたければ、ささみを一人50~60gにしちゃうのもアリ!
 

【材料】

 2人分の材料です。

 

【作り方】

  1.  ★の材料をボウルに入れてよく混ぜる。
  2. ①にほうれん草とささみを加えて和える。
  3. 器に盛る。

 

常食したい緑黄色野菜はほうれん草!

抗酸化パワーのあるβ-カロテンも多く含み、脳活食材にもぴったりなほうれん草。

娘の高校受験シーズンにはほぼ毎日ほうれん草料理を作っていました。 進学校に進学したので、勉強のサポートのために、ほうれん草料理はとても頻繁にしています。

 

今回紹介したレシピ以外の和え物として、

 

 

なども、簡単でおすすめです。

 

ほうれん草料理はどうしてもワンパターンになりがちでしたが、これを機会にもっと色々な料理に活用していきたいな~と思います!

 

ランキングに参加中です。
いつもポチッと応援、感謝してます♪♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村