ADD TASTY

管理栄養士の美容と健康を考えた食事ブログ

【抗酸化パワー◆β-カロテンWEEK①】千切りにんじんを使ったレシピ3種

f:id:mifumim:20210517195418p:plain

抗酸化WEEKの1週目はβ-カロテン。

β-カロテン①はにんじんです。

 

β-カロテンは強い抗酸化作用があり、老化予防に役立ちます。体内で必要に応じてビタミンAに変わり、皮膚や目の健康維持に役立つと言われています。

 

アンチエイジングや美肌のために積極的に食べたいと思い、ほぼ毎日にんじん1本くらい食べてます。

 

ということで、今回はにんじんを使って簡単にできる作り置き&発展レシピ3種です。

 

にんじんを半分作り置き!

f:id:mifumim:20210517120734j:plain

β-カロテンが豊富なにんじんは、100g中に6700mg(皮なし、生)含んでいます。β-カロテンは美肌のために積極的に食べたい食材。βカロテンは脂溶性なので、吸収率をよくするために、脂質の多い食材と一緒に摂るとよいと言われています。

 

そんなにんじんを使いやすいよう、多めに買ったら千切りにしてストックしておくと楽ちんです。

仕事から帰って夕食準備をするのが大変…そんな時に活躍してくれます。

(私は日曜日や仕事が少ない日に千切りして作っておくことが多いです)

 

【材料】

今回400gのにんじんを使いましたが、お好みの量でお作りください。

  • にんじん 400g(好みの量)
  • 塩 4g(にんじんの1%)

 

【作り方】

  1.  にんじんを千切りにする
  2. にんじんと塩を清潔な袋に入れて塩もみする。

 

※写真は器に入ってますが、私はジップロック の袋などに入れて塩もみし、そのまま冷蔵庫で保存してます。楽ちんなのでおすすめです。  

 

余ったら、スープに入れてしまえばOK!

 

千切りにんじんを使ったレシピ3種

β-カロテンの吸収率UPのために、脂質が多い食品を使ってアレンジしました。どれも簡単に作れるものなので、よろしければお試しください。

 

にんじんとじゃことしその和サラダ

f:id:mifumim:20210517120958j:plain
口の中に入れた時の、しその香りがふわっとして大人の味!胡麻油を加えて和えているので、吸収率UPに期待♪ 

 

【材料】

 2人分の材料です。

  • 千切りにんじん 100g
  • じゃこ 大さじ1
  • しそ 5枚
  • 胡麻油 小さじ1

 

【作り方】

  1. すべての材料を和え、器に盛る。

 

にんじんのチーズサラダ

f:id:mifumim:20210517121023j:plain

チーズは脂質の多い食材なので、β-カロテンとの相性はGoodです。 

 

【材料】

 2人分の材料です。

  • 千切りにんじん 100g
  • 粉チーズ 大さじ1
  • パセリ 適宜(フレッシュなものがおすすめ)  

 

【作り方】

  1.  すべての材料を和え、器に盛る。

 

にんじんと松の実のサラダ

f:id:mifumim:20210517121042j:plain

中華風なにんじんサラダ。松の実は脂質の多い種子類なので、β-カロテン吸収率UP食材に選びました。

 

【材料】

 2人分の材料です。

  • 松の実 大さじ1
  • 千切りにんじん 100g
  • 水菜 ひとつかみ
  • 五香粉 少々

 

【作り方】

  1.  松の実をフライパンで炒る。
  2. 人参と水菜、五香粉を和えて器に盛り、松の実をちらす。

 

ストックがあると料理が楽

美容と健康のためには、野菜をたくさん食べることが大切です。

野菜をたくさん食べるためには、いかに手軽に食べることができるかも大切。

 

調理に時間がかかったり手間がかかると手軽さから遠のいてしまうので、

ストックできる

調理時間が少ない 

料理をすることが多くなりました。 

 

生でにんじんをポリポリたべることが基本好きですが、こんなふうに和えて食べるのもおいしい♡

 

3つのレシピのなかで、私は断然じゃこ×しそ派です。

 

ランキングに参加中です。
いつもポチッと応援、感謝してます♪♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村