ADD TASTY

管理栄養士の美容と健康を考えた食事ブログ

和食材をトリプル使い『納豆キャベツの胡麻味噌和え』レシピ【発酵食品納豆で腸活③】

糸引き納豆の写真

発酵食品納豆を使ったレシピシリーズ③です。 

今回は『納豆×味噌』をテーマにしてます。

 

納豆菌は、腸内の悪玉菌が増殖するのを防いでくれる働きがあり、腸内環境を良くしてくれます。

 

腸内環境が整っていることは、美容のための不可欠!

 

腸内環境が気になる

腸内観光を整えて、健康維持したい

納豆料理の幅を広げたい!

 

という方の参考になればうれしいです。

 

では、今回は『納豆のキャベツの胡麻味噌和え』のレシピです!

 

 

『納豆とキャベツの胡麻味噌和え』のレシピ

f:id:mifumim:20210914081454j:plain

和食の素晴らしき発酵食品、納豆を、カルシウムが豊富な胡麻と合わせて味噌和えにしました。

納豆×味噌×胡麻のトリプル和食材レシピです。

 

【材料】

1人分

  • キャベツ 50g
  • ★味噌 大さじ2/3
  • フラクトオリゴ糖 (さとう) 小さじ1弱
  • ★すりごま 小さじ2
  • 納豆 1P 

 

【作り方】

  1. キャベツを小さめの角切りにし、茹でる。★の調味料を器に入れてよく混ぜ、キャベツと和える。
  2. 納豆をよく混ぜて、①に加えて和える。
  3. 器に盛る。

 

代用&アレンジ

本当はオクラで作りたかったんですが、買い忘れてキャベツで代用しました。

 

キャベツは熱湯で10秒くらい、短時間で茹でることでしんなりしすぎず、シャキシャキ食感が残るのでおすすめです。

 

代用はオクラがおすすめ。理由は、オクラのネバネバした食物繊維は整腸作用があるからです。

今度、オクラ買ってこようと思います。

 

練りごまを使用してもよいですが、練りごまはすり胡麻より癖があるので、すり胡麻がおすすめです。

(実証済み)

 

このレシピのイイトコロ

は高食品でおなかに優しいところが、イイトコロ。

 

納豆は和食の代表的な発酵食品。

納豆をほぼ毎日食べ続けていると、お通じがホントにイイ!!

 

腸内環境など体質に合うか合わないかは個人差があるので、

「納豆激押し!」

と言いたいところですが、何とも言えないところです。

 

数週間食べ続けて、体調に合うものを見つけられるといいんじゃないかと思います。

 

私の場合は、何故か和の発酵食品がおなかに合います。

 

 

ランキングに参加中です。
いつもポチッと応援、感謝してます♪♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村