ADD TASTY

管理栄養士の美容と健康を考えた食事ブログ

使い勝手がよくて栄養もUP♪『干しえび』レシピ3種【キレイ度UPに!カロテノイド④】

f:id:mifumim:20210621153842j:plain
抗酸化パワーレシピの6週目はカロテノイド。 

わかめパプリカトマトに続き、今回は『干しえび』です。

 

カロテノイドは動植物に含まれる黄、オレンジ、赤などの色素で、強い抗酸化作用を持っていて、

 

 

の効果が期待できると言われています。

 

以前書いた、カロテンも(にんじんモロヘイヤほうれん草かぼちゃ豆苗)カロテノイドの1つです。

 

では、カロテノイド・アスタキサンチンを含む『干しえび』のレシピ3種です!

 

 

『干しえび』使ったレシピ3種

干しえびのイイトコロは、アスタキサンチンの色素を上手に使って、食事の彩りをUPできること。

 

赤い色は、トマト、パプリカなど、フレッシュなものばかりなので、干しえびの赤色は手軽に活用できる赤色食材です。

 

干しえびを使って副菜レシピを考えました。

 

じゃがいもの黒胡麻干しえび和え

f:id:mifumim:20210621203928j:plain

じゃがいもは、冷めた方が腸内環境によいレジスタントスターチが増えるので、冷やして食べることがおすすめです。
 

 

【材料】

 3人分の材料です。

  • じゃがいも 1個(150g)
  • 塩 1g
  • 胡麻油 小さじ1
  • 干しえび 大さじ2
  • 胡麻 大さじ1 

 

【作り方】

  1. じゃがいもは皮ごと茹でて冷まし、皮を剥く。(時間はかかるけど、皮が剥きやすい!)じゃがいもをサイコロ状にカットする。
  2. ボウルにじゃがいもと塩、胡麻油、干しえび、黒胡麻を加えて和える。
  3. 器に盛る。

 

ピーマンと干しえびのガーリックオイル蒸し

f:id:mifumim:20210621204049j:plain

ガーリックがアクセントのオイル蒸しです。ピーマンの色が濃いので、干しえびをたっぷり入れても見た目が悪くならずおすすめ。
 

【材料】

 3人分の材料です。

  • ピーマン 3個(正味100g)
  • オリーブオイル 小さじ1
  • ガーリックスライス 5枚
  • 干しえび 大さじ2
  • 塩 1g

 

【作り方】

  1. ピーマンの種とヘタを除き、細切りにする。
  2. フライパンにすべての材料を入れて、中火の弱火でオイル蒸しにする。
  3. 器に盛る。

 

チンゲン菜と干しえびのお浸し

f:id:mifumim:20210623223426j:plain

さっと簡単にできてしまう、蒸し煮スタイルのお浸しは、どんな野菜でもできちゃうので、お好みの野菜でぜひお試しください。

 

【材料】

 3人分の材料です。

 

【作り方】

  1.  チンゲン菜を食べやすいサイズにカットする。しめじは石づきを除き子房に分ける。
  2. 蓋のできる鍋にすべての材料を入れて蓋をして弱火で蒸し煮する。
  3. 器に盛る。

 

干しえびのイイトコロ

干しえびは、アスタキサンチンを含むだけではなく、キチンという食物繊維も含まれていて、免疫力UPが期待できます。

コロナ禍にいい食材かも。

 

そして、日本人に不足しがちなカルシウムが豊富なので、意識して使っていきたいな~と思ってます。

といいつつも、冷凍庫で保存しているので、よく使い忘れます…

 

 

干しえびを使った料理は、和え物、お浸しというような食べ方をよくするのですが、

 

  • 混ぜご飯、雑炊、チャーハンなどにin
  • 卵に混ぜて卵焼き、スパニッシュオムレツにin
  • サラダにon

 

なんて方法もよいかと。

 

彩りUPにもなりますよ!

 

ランキングに参加中です。
いつもポチッと応援、感謝してます♪♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村