ADD TASTY

管理栄養士の美容と健康を考えた食事ブログ

シャキシャキ感の虜♡日焼け対策にもおすすめなれんこんの主菜、副菜レシピ3種

f:id:mifumim:20210426215136p:plain
今回はれんこんレシピです。

 

友人に無農薬、化学肥料不使用のれんこんを頂いたので、お礼の気持ちを込めてれんこん料理を作りました。 

 

久々にれんこんを食べたけど、シャキシャキ食感が美味しい~♪

 

では、ビタミンCを生かし、アンチエイジングな様子を含んだ3種のレシピを紹介します。

 

 

『れんこんと牛肉のトマト醤油煮』

f:id:mifumim:20210426211921j:plain
牛肉を酢でマリネしてプロトックス(たんぱく質の酸化)対策としてから作る、アンチエイジングレシピです。加熱するので酸味は飛ぶし、トマトも加えるので、全然気にならない程度です。娘は、ご飯やじゃがいもを合わせて食べて、超満足気な笑みで幸せオーラをまき散らしてました。

 

 

【材料】

  • ◇牛肉 150g
  • ◇酢 大さじ2
  • れんこん 100g
  • しめじ 1/2P
  • 小松菜 2株
  • オリゴ糖 大さじ1と1/2
  • トマトペースト 1P
  • ★醤油 大さじ1と1/2

 

【作り方】

  1.  牛肉と酢を清潔な袋に入れてマリネし、しばらく寝かす。(私は前日に作って冷蔵庫に入れておきました。)
  2. れんこんは半月切りにする。しめじは石づきをカットして子房に分ける。小松菜は食べやすいサイズにカットする。
  3. 鍋に牛肉を入れて弱火の中火でじっくり炒め、しめじとれんこんを入れてさらに炒める。
  4. ★の材料を加えて調味し煮る。
  5. 小松菜を加えてさっと煮る。
  6. 器に盛る。

 

『れんこんグリルの胡麻味噌ディップ』

f:id:mifumim:20210426211940j:plain

冷めると少ししんなりしてしまいますが、焼きたてはホクホク!超簡単な混ぜるだけ胡麻味噌ディップにつけて食べるので、れんこんは素焼きです。人参なども一緒にグリルしてもOK!れんこんとこの胡麻味噌のについて息子は、「最高の組み合わせ!」と絶賛。


【材料】

3人分の材料です。

  • れんこん 100g
  • ★練りごま 大さじ1
  • ★味噌 大さじ1
  • オリゴ糖 大さじ1/2 
  • ★すり胡麻 大さじ1

 

【作り方】

  1. れんこんを薄い輪切りにして酢水(分量外)にさらし、トースターでグリルする。
  2. ★の材料を合わせる。
  3. 器にれんこんと胡麻味噌ディップを盛る。

 

『れんこんのココナッツカレー炒め』

f:id:mifumim:20210426211955j:plain

縦にカットすると食感が変わって楽しいです!ココナッツオイル好きの私は、このレシピが一番好き!塩とカレー、ガーリック、ココナッツオイルは、黄金の組み合わせ♡スパイスは抗酸化作用が期待できるので、積極的に使ってます。
 

【材料】

 

【作り方】

  1. れんこんを縦にカットし、水にさらす。
  2. フライパンにココナッツオイルとにんにくスライスを入れ、弱火で加熱する。
  3. れんこんを加えて炒め、塩とカレー粉を入れて炒める。
  4. 器に盛る。

 

れんこんのシャキシャキ感に魅了された!

れんこんは泥がついているので、なかなか気が向かずに買わずにいました。だけど、シャキシャキ感がおいしくて、これを気に定期的に食べようかな~と思いました。 

 

れんこんはもうシーズンオフなので、旬になったら楽しもうと思います。

 

れんこんは糖質の多い野菜ですが、ビタミンC、食物繊維を多く含みます。

ビタミンCは水溶性ビタミンなので、水で茹でると損失の原因に。そのため、今回は煮る、グリル、炒めるの調理法を選びました。

 

ビタミンCは日焼け対策のために大切な栄養素の1つです。もちろん、老化防止にも欠かせない!どんどん紫外線が気になる時期になるので、ビタミンCを日常的に不足しないように摂る習慣を作っておけると吉!!

 

頂いたれんこんはこちらの方々のもの。

無農薬、化学肥料不使用のれんこん、美味しかったです!

田島蓮園|愛知県愛西市からもっちり甘い泥付き蓮根を田んぼ直送します

 

ランキングに参加中です。
いつもポチッと応援、感謝してます♪♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村