ADD TASTY

管理栄養士の美容と健康を考えた食事ブログ

野菜をたっぷり!【豆苗×しめじ】を使って胡麻和えレシピ3種

f:id:mifumim:20210216193411j:plain

野菜をたっぷり食べて、アンチエイジング

 

今回は、『豆苗×しめじ』を使用した胡麻和え3種です。

 

胡麻和えと言えば砂糖と醤油と一緒に…というものが定番ですが、ちょっと工夫してみると、全く違う胡麻和えができます。

 

お好みのものがあれば参考にしてみてくださいね。

 

半分作り置き!【豆苗×しめじ】

f:id:mifumim:20210216193524j:plain

以前は、生で食べる豆苗レシピをご紹介しましたが、今回は火を通して食べるバージョンです。

 

火を通して食べるメリットは、かさが減るので、量を食べやすいこと。食欲のない日は生で食べるよりも、かさを減らしてみることもいいかもしれません!

 

材料
  • 豆苗 2P(200g)
  • しめじ  大1P(150g)
作り方
  1. 豆苗は根を切り落として3等分にカットする。(好みのサイズでOK)しめじは子房に分ける。 
  2. 蓋のできるフライパンや鍋に豆苗としめじを入れ、蓋をして蒸し煮する。

 

※私は、大きめのタッパーなどに保存し、使う分だけ調理してます。我が家はそれぞれ好みがあるので、食べる人の好みに合わせて味付けを変えたりもしています。

 

【豆苗×しめじ】の胡麻和えレシピ3種

ご紹介する3種の胡麻和えは、【豆苗×しめじ】を使って作る副菜レシピです。

1つのレシピを作る場合は、豆苗としめじが合計100gになるようにしていただければOKです。

どんな食材でも作れるので、気軽にお試しください。

 

『豆苗としめじのじゃこ胡麻和え』

f:id:mifumim:20210216193540j:plain

じゃこと胡麻でカルシウムUP!不足しやすいカルシウムは意図的に。黒胡麻は抗酸化作用のあるアントシアニンが含まれているので、美容によいとされています。

材料

2人分の材料です。

作り方
  1.  【豆苗×しめじ】を作る。
  2. ボウルに【豆苗×しめじ】と塩、ジンジャーパウダー、じゃこ、すりごまを加えて和える。
  3. 器に盛る。

 

『豆苗としめじの胡麻レモン和え』

f:id:mifumim:20210216193553j:plain

レモンでさっぱりした味にしました。胡麻ポン酢のようなイメージですが、お砂糖ではなくオリゴ糖を使っているので、腸内環境にも優しいです。

材料

2人分の材料です。

  • 【豆苗×しめじ】 100g
  • レモン果汁 小さじ1
  • 醤油 小さじ1と1/2
  • オリゴ糖 小さじ1
  • すりごま 大さじ1
作り方
  1.  【豆苗×しめじ】を作る。
  2. ボウルにレモン果汁、醤油、オリゴ糖を入れて混ぜる。
  3. ボウルに【豆苗×しめじ】とじゃこ、黒すりごまを加えて和える。
  4. 器に盛る。

 

『豆苗としめじの胡麻味噌和え』

f:id:mifumim:20210216193606j:plain

我が家定番の胡麻味噌和えなのですが、こちらは練り胡麻を使用しました。ピリッとした味が好きなので、山椒粉を加えましたが、なくても大丈夫です。一味を加えても美味しいので、お好みで♪ 

材料

2人分の材料です。

  • 【豆苗×しめじ】 100g
  • 味噌 大さじ1
  • 練り胡麻 大さじ1/2
  • オリゴ糖 小さじ1/3
  • 山椒粉 少々(なくてもOK)
作り方
  1.  【豆苗×しめじ】を作る。
  2. ボウルに味噌、練り胡麻オリゴ糖、山椒粉を入れて混ぜる。
  3. ボウルに【豆苗×しめじ】を加えて和える。
  4. 器に盛る。

 

豆苗はリーズナブルで使える! 

最近豆苗のおいしさに気づき、リーズナブルなのでよく購入します。

しめじも頻繁に購入するので、2つを組み合わせてみたら、使いまわししやすいことに気づきました!

 

そして、息子がカルシウム源となる干しえびを嫌がるので、他の手軽なカルシウム源食材・胡麻を食べさせたいな~と思い、色々な胡麻和えを作ってみました。

意外に色々な味のバリエーションがあって自分でも驚き。これがお料理の楽しいところですね~。 

 

 

ランキングに参加中です。
いつもポチッと応援、感謝してます♪♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村