Bihada Dish

-10歳肌を手に入れた、管理栄養士FuMiのお肌にうれしいレシピを綴るブログ

【毛穴・皮脂改善】作り置きに『ほうれん草とささみのマスタード和え』美肌常備菜レシピ

お料理は、おいしくてお肌にもうれしいものがイイ!をモットーに、

栄養マニアの管理栄養士FuMiが、美肌レシピを綴ってます。

 

お肌もカラダもキレイになりたいという、欲張りな願いをかなえる【ほうれん草とささみのマスタード和え】レシピです。

 

毛穴・皮脂改善のためには、新陳代謝を活発にするための栄養素、ビタミンB2やビタミンB6を特に意識して摂ることがおすすめです。

ささみは肌のターンオーバーに関わるビタミンB6を多く含む食材。

もちろん、抗酸化物質を摂ることも大切なので、ほうれん草とマスタードで抗酸化物質をプラスした一品です。

 

いつもクリック応援、励ましを頂きありがとうございます。

感謝でいっぱいです💕

 

 

『ほうれん草とささみのマスタード和え』のレシピ

材料

3~4人分

  • ほうれんそう 1束(150g)
  • 蒸したささみ 1本(40g)
  • 〇粒マスタード 小さじ1
  • 〇はちみつ 小さじ1
  • 〇醤油 小さじ2

作り方

  1. ほうれん草を茹でて一口大にカットする。ささみは割いておく。
  2. ボウルに〇を入れて混ぜる。

  3. ほうれん草、ささみを加えて和える。

  4. 器に盛る。

 

レシピについて

ほうれん草は栄養価が高い緑黄色野菜。

 

これから旬なので、スーパーでもお値段がお手頃になってきました。

抗酸化作用のあるβ-カロテンを多く含み、鉄やビタミンCの補給源でもあるので、食卓に良く並べたい!

 

ほうれん草はえぐみがあるので、90秒以上は茹でるのがおすすめです。

水溶性食物繊維の損失を懸念し、60秒くらい茹でた時(実験的にやってみた)は、えぐみがすごくて食べれませんでした…

90~120秒は茹でるのがおすすめです。

 

アレンジ

常備菜なので、レシピの量は多め。

そのまま食べてもよし、アレンジしてさらに楽しむもよし♪

ということで、飽きっぽい私は見た目をかえるために、食材をプラスして楽しんでます。

 

大好きなオリーブを加えて。

チーズを加えてカルシウム強化もおすすめです♪

 

10年後、20年後もキレイな肌でいたい

FuMi流の美肌の法則は、

 

🍎美肌=健康なBODY

🍎日々の栄養バランス

🍎新陳代謝&血行促進

 

です。

 

ちゃんと栄養を摂ることが基本なので、

お肌にいいと言われている1つの食材に注目するだけじゃなく、

色々な食材を食べること、

栄養が豊富なものを選ぶのは大切。

 

美肌を作るのは、日々の小さなお肌に優しい食事の積み重ね。

 

🍎楽しく料理を作って

🍎おいしく食べる

🍎食べ続けてキレイになる

 

のために簡単に作れるレシピを考えてます。

 

 

健康=肌の美しさ

 

なので、体の内側から美をはくぐんでいきたいです!

 

一緒にうるおうお肌を作りましょ~♡

 

 

レシピブログ様の、NEXT FOODIST5期生に就任しました♡
ネクストフーディスト

Instagram

https://www.instagram.com/fumi.dish/

 

ランキングに参加中です。
いつもポチッと応援、感謝してます♪♪
にほんブログ村 料理ブログへ