ADD TASTY

管理栄養士の美容と健康を考えた食事ブログ

『豚ヒレチャーシュー』の低温調理レシピとアレンジ2種【夏バテ予防にはビタミンB1④】

raw meat with green leaves

今回は暑い日々を乗り越えるための夏バテ予防、ビタミンB1です。 

全粒粉えのき胚芽米に続き、今回は『豚ヒレ肉』です。

 

ビタミンB1は、炭水化物(糖質)の代謝に関わっているビタミン。

 

私たちの身体がエネルギーは糖質で、脳の主なエネルギーは糖質であるブドウ糖

そのため、

 

  • エネルギー代謝を促す
  • 神経活動を維持する
  • 疲労回復

 

という働きが期待できます。

 

不足しないようにしっかり摂っていきたいですね。

 

ビタミンB1は、豚肉は特に多く含まれていて、米ぬかや胚芽にも多く含まれます。魚介類にも多く含まれているものがありますよ。

 

では、『豚ヒレチャーシュー』を使ったレシピ2種です!

 

 

低温調理器で作る『豚ヒレチャーシュー』のレシピ

f:id:mifumim:20210726210155j:plainヒレ肉はパサパサになりやすいですが、全く問題なし!低温調理で作ったので、し~っとり、柔らか~なチャーシューが出来上がりました。

 

【材料】

 3人分

 

【作り方】

  1.  清潔な耐熱袋にすべての材料を入れ、空気を抜いて袋を閉じ、冷蔵庫で一晩寝かす。
  2. 65℃の低温調理器で8時間加熱する。
  3. 急冷し、カットして器に盛る。

 

※加熱後、1晩冷蔵庫で寝かせると美味しいです! 

 

『豚ヒレ』のイイトコロ

ヒレ肉のイイトコロは、何と言っても低カロリー、高たんぱくなところ。

ダイエット中におすすめな食材です。

 

『豚ヒレ』100g中の栄養価は、

 

・エネルギー 105kcal

たんぱく質 22.7g

・脂質 1.7g

・炭水化物 0.1g

ビタミンB1 1.22mg 

 

です。

 

 

日本人の食事摂取基準2020年版で、

30~49歳のビタミンB1 の1日の推奨量は

 

・男性 1.4mg

・女性 1.1mg

 

です。

 

ヒレ肉100gで1日に必要なビタミンB1を摂れちゃいますね。 

 

同じ食品ばかり食べていると栄養の偏りが出てきてしまうので、毎日豚肉というわけにはいかないです。

 

週に数回豚肉を食べつつ、他にも肉、魚、卵など色々な食品を食べて補っていこうと計画中。

もしくは、ハムの替わりに豚ヒレ肉を使ってサラダにするとか、メインではない食材と使ってもイイかも。

 

そんな時におすすめ豚肉料理はこちらです。

【低温調理】超簡単!自家製ローストポークのレシピ

つまみ食いが止まらない!アンチエイジングな『塩豚』

 

ランキングに参加中です。
いつもポチッと応援、感謝してます♪♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村