ADD TASTY

管理栄養士の美容と健康を考えた食事ブログ

【煮込みレシピ】うまみたっぷり『チキンポトフ』とスープのアレンジ

f:id:mifumim:20210130172543j:plain

 美味しいだけじゃなくて、美容にもよいレシピにしたい!という欲張り精神で綴ってます。

 

今回は温かい季節にぴったりのポトフレシピです。

 

ポトフは具材を入れて、コトコト煮るだけの超お手軽料理なのに、美味しいし、あったまるし、作り置き&アレンジがしやすいのが魅力です。

 

今回は鶏肉を使用しポトフを作りました。

そして、具を美味しくいただいた後は、残ったスープをアレンジして食べました。その方法をご紹介します。

 

とっても簡単、様々な料理にアレンジできるので、参考にしてみて下さいね。

 

素材の味で!『チキンポトフ』

f:id:mifumim:20210129221655j:plain

私が学生の頃にフレンチのシェフにならったポトフと比べて、鶏もも肉を使っているのでとても手軽なレシピです。ですが、シェフに習った素材の味を生かすことは忘れず、調味料は塩だけです。肉も野菜もしっかり入れて長時間煮込むと、とってもおいしい♡
 

材料
  • 鶏もも肉 500g
  • 玉ねぎ 2個
  • にんじん 1本
  • キャベツ1/4個
  • セロリ 1本
  • 塩 7~10g程度
  • ブラックペッパー 適宜
作り方
  1. 鶏もも肉は沸騰しない程度の湯で下茹でしておく。 
  2. 玉ねぎは4等分に芯を残してカットする。キャベツも芯を残して4等分にカットする。(煮て崩れず、器に盛りやすいので)人参は大きめの乱切りにする。セロリは食べやすいようにカットする。
  3. 鍋に野菜、鶏肉、灰汁を取り除いた鶏肉のゆで汁を入れ、具材が被る程度に水を加える。
  4. 具材に火が通ったら塩を加える。
  5. 器に盛り、好みでブラックペッパーをちらす。

 

※素材からしっかりうま味が出るので、塩を加える量が少なくても十分美味しくいただけます。そのため、分量の塩はだいぶ少なめです。 足りなければお好みで調整を。

 

 

今回、チキンを使いました。

パサパサなお肉にしたくなかったので、鶏もも肉の皮つきを使いましたが、皮がなくても全然よかったな~と思ったり。

あっさりしたのが好みの方は、鶏もも肉の皮なしを使用することも良いと思います。

 

100g中のカロリーは、

なので、やっぱりカロリー的には皮なしがいいけれど、濃厚なスープになるので、一緒に煮こんでます。

 

ポトフのスープを使ってアレンジ3種 

シンプルな材料でポトフを作ったので、和・洋・中、様々なものに合います!

レンズ豆きのこのスープ

f:id:mifumim:20210129220934j:plain

残りのスープに緑レンズ豆、しめじ、にんじん、キャベツを加えて煮ただけ!スープが美味しいから、こんなシンプルな材料でも満足感はだいぶ高めです。レンズ豆は食物繊維が豊富なので、野菜とともにスープの具材として優秀かも。

 

もち麦のガーリック卵雑炊

f:id:mifumim:20210129221004j:plain

スープにもち麦とガーリックスライスを入れて火にかけ、もち麦に火が通ったらほうれん草2株、卵を加えて雑炊に。もち麦のプチプチ感がイイ感じです。もち麦は食物繊維が豊富なので、よく使います。

 

たくさんアレンジ可能!

ご紹介した2つ以外に、かぼちゃスープを作ろうとしていましたが、スープが売り切れてしまって作れませんでした。

 

他には、芋、野菜、きのこなどを活用して、色々アレンジできそうです。

 

またポトフを作って、スープを色々アレンジしてみたいな~と考えているところ。今度は豚肉かな~。

ランキングに参加中です。
いつもポチッと応援、感謝してます♪♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村