ADD TASTY

管理栄養士の美容と健康を考えた食事ブログ

楽しても美味しい!『豚肉と野菜のトマト煮込み』のアレンジスープ3種

忙しい時期に、野菜をたっぷり食べるために作るのが 『豚肉と野菜のトマト煮込み』。

 

そのトマト煮込みをアレンジしてスープを作りました。

コツを掴んでおけば、様々なスープにアレンジできて、いつもの料理がグッと楽になります。

では、アレンジスープの作り方を紹介します。

 

『豚肉と野菜のトマト煮込み』

f:id:mifumim:20201215214233j:plain以前ご紹介した『豚肩ロースとたっぷり野菜のトマト煮込み』を作りました。

多忙なときや、子どもの学校が休みの時に、食事の準備が楽になるお助けレシピです。 

 

レシピ▶時間はかかるけど手間最小『豚肩ロースとたっぷり野菜のトマト煮込み』

 

『豚肉と野菜のトマト煮込み』のアレンジスープ3種

いつもの肩ロース肉が売っていなかったので、豚もも肉の薄切りで作りました。そのため、野菜は小さ目にカットし、スープとしてアレンジ。 

 

  1. このトマト煮は味がしっかりしている
  2. スープは塩分を控えめにする(いつも汁物は、水を含めた材料0.6~0.8%の塩分になるよう計算してます)

ことを基本に、プラスする水分の塩分は0.5%とし、具をたっぷり加えてアレンジしました。

 

【アレンジのコツ】

1人分の材料なので、作りたい人数分を計算してお作りください。

  • 水分(水や牛乳) 100ml
  • 塩分 水分の塩分は0.5%(塩の場合0.5g)
  • 『豚肉と野菜のトマト煮込み』 お玉2杯分
  • 好みのトッピング具材

 

『野菜たっぷりトマト味噌スープ』

f:id:mifumim:20210301213647j:plain

味噌好きな娘のリクエストに答えて作ったスープ。娘は毎日味噌を食べる記録を更新したいらしく(作るのは私だけど)、味噌を食べる連続日数が、今日で7日になったらしい(笑)今後も記録更新し続けるようです。

 

【材料】

1人分の材料です。

 

【作り方】

  1.  鍋に水を入れて火にかけ、味噌とジンジャーパウダーを加えて溶く。
  2. 『豚肉と野菜のトマト煮込み』を加えて火を止める。
  3. 器に盛り、胡麻を散らす。

 

『野菜たっぷりトマトミルクスープ』

f:id:mifumim:20210301215009j:plain今日は何のスープがいい?と聞いてみたら、息子から「ミルク!」と言われたので、息子用に作りました。グリンピースと粉チーズがアクセントになってイイ感じです。 

 

【材料】

1人分の材料です。

  • 牛乳 100ml
  • 塩 ひとつまみ(0.5g)
  • 『豚肉と野菜のトマト煮込み』 お玉2杯分
  • 茹でたグリンピース 10粒程度
  • 粉チーズ 少々

 

【作り方】

  1. 鍋に牛乳と塩を入れて火にかけ、沸騰させない程度に温める。
  2. 『豚肉と野菜のトマト煮込み』を加えて火を止める。
  3. 器に盛り、グリンピースと粉チーズをちらす。

 

『野菜たっぷりオレガノトマトスープ』

f:id:mifumim:20210301215130j:plain

トマトと言えばオレガノ。そして、オレガノたんぱく質の酸化を防いでくれるハーブでもあります。美容のために、積極的に使いたいな~と思えるハーブです。

 

【材料】

1人分の材料です。

  • 水 100ml
  • 塩 ひとつまみ(0.5g)
  • オレガノ 5回程ふる
  • 『豚肉と野菜のトマト煮込み』 お玉2杯分

 

【作り方】

  1. 鍋に水と塩、オレガノを入れて火にかける。
  2. 『豚肉と野菜のトマト煮込み』を加えて火を止める。
  3. 器に盛る。

 

コツさえつかめばアレンジ自在! 

今回はアレンジスープを紹介しました。

 

コツさえつかんでいれば、アレンジは無限です。

 

ミルクスープにカレー粉を足す

オレガノをクミンにかえる

 

のように、好みにアレンジできちゃうので、いつも同じ味じゃ飽きちゃう!という、私のような方にオススメです。

 

在宅ワーク中のランチにも活躍しますよ~。

茹でたもち麦を加えてリゾット風にしても美味です♡ 

 

ランキングに参加中です。
いつもポチッと応援、感謝してます♪♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村