ADD TASTY

管理栄養士の美容と健康を考えた食事ブログ

【腸活食材】もち麦を使用した『もち麦スープ』のレシピ5種

f:id:mifumim:20210102205504j:plain

牛丼の具のリメイクもち麦スープを作って以来、もち麦スープにハマっています。

 

もち麦はプチプチした食感が魅力の1つ。

そして、食物繊維が豊富なので、内臓美人を目指す食材としてイチオシです。

 

内臓美人は肌美人とも言われるほど、腸内環境は美容のために大切。

ということもあり、食物繊維が豊富な食材は積極的に食事に取り入れています。

 

食物繊維が豊富な、もち麦入りスープ3種のレシピをご紹介します。

 

もち麦の魅力はやっぱり食物繊維!

うるち米にもち性のもち米があるように、もち性の大麦がもち麦です。

 

もち麦の魅力は食物繊維。

食物繊維は食物繊維でも、水溶性食物繊維が特に豊富です。

 

同じ穀類100g中の食物繊維を比較してみると、

f:id:mifumim:20210102184036p:plain

日本食品標準成分表には、もち麦の成分はのっていないので、同じ大麦である押し麦で表にしました。)

と、だいぶ違う感じです。

押し麦の水溶性食物繊維量はダントツ。

 

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますが、同じ食物繊維でも、効果が全く同じというわけではありません。

 

水溶性 ⇒ 血糖値の急上昇防止、腸内細菌のエサになる など

不溶性 ⇒ 腸の蠕動運動促進、食事の満足感UP など

 

ただ、水溶性をたくさん摂ろう、不溶性をたくさん摂ろう!と考えて食事を考えると結構面倒なので、食物繊維をより多く摂りながら、水溶性食物繊維が多い食品を食べよう!みたいなイメージでお料理すると楽だな~と感じます。

 

腸活にオススメ食材・もち麦はこちら

はくばく もち麦ごはん 800g ×3個

 

もち麦スープ』レシピ5種

 腸活食材・もち麦と野菜をたっぷり使用したスープをご紹介します。

 

1人分の基本の材料は

  • もち麦 大さじ1
  • たんぱく質(肉、魚介類など) 80g前後
  • 野菜 100g前後
  • 水分 150ml
  • 塩分 材料の総量0.6~0.8%

 にして作ってます。

 

もちろんですが、野菜やきのこ類はお好みのもので、どんなものでもお作りいただけます。

 

もち麦×豚もも肉のトマトスープ

f:id:mifumim:20210101081905j:plain

豚肉、ガーリック、トマトがマッチするトマトスープ。老化の元凶AGEを抑える働きのあるαリポ酸を豊富に含むトマトを使用しています。トマトペーストの替わりにトマトを加えてももちろんOKです。

 

 

材料

1人分の材料です。

作り方
  1. もち麦は20分程茹でておく。
  2. 豚肉を角切りにし、さっとゆでて灰汁を除く。
  3. 玉ねぎは肉と同じくらいの大きさにカットする。しめじは子房にわける。ピーマンは玉ねぎと同じくらいのサイズにカットする。にんにくはスライスしておく。
  4. 鍋に玉ねぎ、しめじ、にんにく、分量外の水大さじ2を加えて蓋をして蒸し煮にする。
  5. 火が通ったらトマトペーストを加え、トマトの酸味を飛ばす。
  6. 鍋に肉とピーマン、オレガノを加える。
  7. ピーマンに火が通ったらゆで汁、塩を加えて調味する。
  8. 器に盛る。

 

もち麦×牛すじ肉のクミンスープ

f:id:mifumim:20210101081922j:plain

牛すじは牛肉の中でカロリーが低めです。あっさりした塩味に、抗AGE食材の香辛料・クミンを加えてエスニックな味に仕上げました。 

材料
作り方
  1. 下処理した牛すじ肉を柔らかくなるまでゆでる。
  2. もち麦を20分程茹でておく。
  3. ねぎは1~2cmの太さにカットする。にんじんはねぎと同じくらいの太さのいちょう切りにする。
  4. 鍋に牛すじ肉、ねぎ、にんじん、水を入れて火にかける。
  5. 具材に火が通ったら塩とクミンパウダーを加えて調味する。
  6. もち麦を入れて火を止める。
  7. 器に盛る。 

 

もち麦×あさりの生姜スープ

f:id:mifumim:20210101082201j:plain

あさりのうまみ成分・コハク酸がしっかり存在感を発揮してくれていて美味♡

低カロリーな食材をメインに使用しているので、お正月で増えた体重コントロールに役立ちます。

あさりは鉄分豊富な食材ですがビタミンCと一緒に摂ることで吸収率が高まるとされています。ビタミンCが豊富な食材の1つがブロッコリー。ビタミンCは水に溶けやすいので、ブロッコリーは茹でずにスープに入れることで損失防止になります。
 

材料

1人分の材料です。

  • もち麦 大さじ1
  • あさりむき身 80g
  • しめじ 50g
  • ブロッコリー 50g
  • 水 150ml
  • 生姜すりおろし 5g
  • オリゴ糖 小さじ1
  • 醤油 小さじ2
  • すりごま 大さじ1
  • 一味 少々

     

作り方
  1.  もち麦を茹でておく。
  2. しめじは子房に分ける。ブロッコリーは小さめにカットする。
  3. 鍋に水を入れて湯を沸かし、しめじを加えて加熱する。
  4. ブロッコリー、あさり、生姜を加えてさらに加熱する。
  5. オリゴ糖、醤油を加える。
  6. もち麦、すりごまを加え、火を止める。
  7. 器に盛り、一味をふる。

 

腸活食材はフルで活用したい!

食物繊維を増やすなら野菜!というイメージが強いかと思いますが、食物繊維の摂取量を増やすのに、もち麦も超オススメです!

 

ごはんに混ぜて食べてもよし!

スープに混ぜてもよし!

サラダにパラパラふってもよし! 

 

結構いろんな使い方があって、様々なお料理に使えるので、食物繊維の摂取量を増やすことができます♪

 

そんなに手を加えることなく、食事に取り入れられるのも魅力の1つです。

 

よければ試してみて下さいね~♡

 

オススメ腸活食材はこちら▶はくばく 国産もち麦 800g

 

ランキングに参加中です。
ポチッと応援していただければうれしいです♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村