ADD TASTY

管理栄養士の美容と健康を考えた食事ブログ

【魚レシピ】『ツナマスカルポーネ』ハーブを使って美味しく美容と健康を

f:id:mifumim:20201130203353j:plain

前回ご紹介した自家製ツナを使用して、朝食にぴったりなツナマヨならぬ、『ツナマスカルポーネ』を作りました。

 

魚が苦手な息子のために、香りのよいイタリアンハーブミックスを使用。

息子が文句ひとつ言わずパクパク食べてくれたので、やっぱり香りって大事だなーと思いました。

 

市販のツナでも美味しく作れます。

その場合、美容&栄養的に、オイルの酸化やカロリーが気になるので、オイルツナよりもツナ水煮缶を使用するのがオススメです。

 

では美味しさと美容、健康を兼ね備えたレシピを紹介します!

 

『ツナマスカルポーネ

f:id:mifumim:20201130201641j:plain

材料

材料はこちら。 

 

自家製ツナを使いましたが、市販のものを使う場合、水煮のものがオススメです。

はごろも まぐろと天然水だけの シーチキン 純 70g (0795) ×8個

 

作り方

作り方はすべてをボウルに入れて混ぜるだけ。

 

朝食のトーストに。

f:id:mifumim:20201130202236j:plain

『ツナマスカルポーネ』をパンに塗れば、ツナマスカルポーネのトーストの出来上がりです!

 

こちら、頂き物のねこねこ食パン。ツナを作った後にもらったのですが、猫とツナ、なんてナイスな組み合わせなんだ…。と、朝パンに塗りながら考えてしまいました(笑)

 

パンや焼いても、焼かなくてもお好みでどうぞ。

 


 

お手軽ポイント

材料さえそろっていれば、混ぜるだけのレシピなので、作り置きしておくことがお手軽ポイントです。

私は朝が超苦手な夜型人間なので、夜作って朝は簡単に!を重視しています。

 

チーズは、クリームチーズでも、カッテージチーズでも代用できます。

 

美容&栄養ポイント

いつもいつも一緒のことになりますが、ハーブはアンチAGE食材。老化の元となるAGEを抑える働きが期待できます!

これは、日々の食事に使わなきゃ~ということで、ほぼ毎日、なにかしらのハーブを使ってます。

 

あと、チーズを食べる時に気がかりなのが脂質。

チーズは高カロリーだということはご存知の方が多いかと思いますが、脂質の中でも飽和脂肪酸の摂りすぎになりやすいんです。

 

ところが、フレッシュチーズであるマスカルポーネチーズは クリームチーズと違って、食材と混ぜやすいし、カロリーが低い。

(スーパーでよくお目にかかるプロセスチーズも一緒に比較)

 

■プロセスチーズ 339kcal

マスカルポーネチーズ 293kcal

■カッテージチーズ 105kcal

クリームチーズ 346kcal

 

いや、カッテージチーズの方がカロリー低いでしょ!という方、その通りなんです。ですが、チーズの長所であるカルシウムが少ないんです。

その点、マスカルポーネチーズは、カロリーは抑え気味、カルシウムはカッテージチーズやクリームチーズよりカルシウムが多い。

 

■プロセスチーズ 630mg

マスカルポーネチーズ 150mg

■カッテージチーズ 55mg

クリームチーズ 70mg

 

マスカルポーネチーズをよく使う理由はそんなところです。

 

クリックが励みになります♡