Bihada Dish

-10歳肌を手に入れた、管理栄養士FuMiのお肌にうれしいレシピを綴るブログ

【スパイス活用ゆとり肌】『きゅうりのカレーマスタードサラダ』美肌レシピ

お料理は、おいしくてお肌にもうれしいものがイイ!をモットーに、

栄養マニアの管理栄養士FuMiが、美肌レシピを綴ってます。

 

今回は、アンチエイジング対策。

1皿で栄養+お悩み対策もしたいという、欲張りさんの願いをかなえる【きゅうりのカレーマスタードサラダ】レシピです。

 

アンチエイジングのために

🍎抗酸化作用のある栄養素を摂り

🍎老化の元となる活性酸素を抑え、細胞膜を正常に維持させる

🍎抗酸化物質を含むカレー粉、マスタードを使う

ことを意識しました。

 

 

ブロンズレシピブロガーにランクUP💕

皆さまのクリックのおかげです。

感謝でいっぱいです💕

 

 

 

『きゅうりのカレーマスタードサラダ』のレシピ

「シャキッとおいしい♪きゅうりのおつまみ」コーナーにレシピを掲載中!

今回のレシピのポイントは、抗酸化作用のあるカレー粉、粒マスタードを味のアクセントに使ったところです。

 

材料

2~3人分

  • きゅうり 1本(100g)
  • キャベツ 50g
  • ツナ水煮缶 1缶
  • 塩 1.5g
  • にんにくすりおろし 2g
  • マスタード 小さじ1
  • はちみつ 小さじ1/2

 

作り方

  1. きゅうりとキャベツを千切りにする。

  2.  ボウルにきゅうりとキャベツ、塩を加えて塩もみし、しんなりさせる。

  3. 水気をしっかり切ったツナ、マスタード、カレー粉、はちみつを加えて和える。

  4. 器に盛る。

 

美肌料理のPOINT

いかに、お肌にいい食品を使うか、お肌にダメージを与えない調理法を選ぶかは大切です。

 

あれがいい、これがいい、あれはだめ、これはだめ、は正直疲れます…

いい食品をとっていても、それに偏ってしまえば、栄養の偏りになって何かの栄養素が不足してしまう可能性に。

 

だから、いろいろなものを食べつつ、栄養バランスを整えて、抗酸化物質をきちんととる。

それも大切です。

 

ということで、カレー粉、マスタードという抗酸化物質を含む食材を使いました。

 

マスタード

マスタードには、抗酸化作用のあるアリルイソチオシアネートという成分が含まれていると言われています。

https://dietplus.jp/public/article/news/20181023-096485

 

活性酸素が過剰に発生するのは老化の元なので、その活性酸素の除去をするために、抗酸化作用のある食材・マスタードを上手に使いたい!

 

とはいえ、マスタードを使う量は少々です。

少々を積もらせていくことが、健康美には大切だと思っているので、マスタード、上手に活用したいなって思います。

 

 

先日、自家製マスタードを作るために、マスタードシードをいっぱい買ってきちゃいました!

作るの楽しみ♪

 

10年後、20年後もキレイな肌でいたい

FuMi流の美肌の法則は、

 

🍎美肌=健康なBODY

🍎日々の栄養バランス

🍎新陳代謝&血行促進

 

です。

 

ちゃんと栄養を摂ることが基本なので、

お肌にいいと言われている1つの食材に注目するだけじゃなく、

色々な食材を食べること、

栄養が豊富なものを選ぶのは大切。

 

美肌を作るのは、日々の小さなお肌に優しい食事の積み重ね。

 

🍎楽しく料理を作って

🍎おいしく食べる

🍎食べ続けてキレイになる

 

のために簡単に作れるレシピを考えてます。

 

 

健康=肌の美しさ

 

なので、体の内側から美をはくぐんでいきたいです!

 

一緒にうるおうお肌を作りましょ~♡

 

 

レシピブログ様の、NEXT FOODIST5期生に就任しました♡
ネクストフーディスト

Instagram

https://www.instagram.com/fumi.dish/

 

ランキングに参加中です。
いつもポチッと応援、感謝してます♪♪
にほんブログ村 料理ブログへ