ADD TASTY

管理栄養士の美容と健康を考えた食事ブログ

ひと手間でランクUP『スクランブルエッグ』レシピ2種【紫外線のケアにはビタミンB2も⑤】

brown egg on white woven basket紫外線対策の2週目はビタミンB2 。 

牛乳豆苗チーズアジに続き、今回は『卵』です。

 

ビタミンB2は、

 

  • 3大栄養素の代謝促進
  • 細胞の再生、新生
  • 成長促進
  • 抗酸化作用

 

という働きをしてくれる、発育ビタミンです。

 

皮膚の新陳代謝を促す働きがあるので、しっかりと摂っておきたい栄養素です♡

美肌に欠かせません!!

 

では、今回は『スクランブルエッグ』にひと手間かけて栄養UPしたレシピ3種です!

 

 

スクランブルエッグ』のレシピ2種

たまごは、ビタミンCと食物繊維は含まれていませんが、それ以外の栄養素が含まれていて、たんぱく質も豊富で栄養的にイイ食材なんです。

 

色々な料理に使えるので、さらに優秀。

今日はたんぱく質が少ないな…と思った時には、卵料理をプラスすることが多いです。

 

今回は、そんな時に手軽に作れる、スクランブルエッグのレシピです!

 

ピーマンとコーンのスクランブルエッグ

f:id:mifumim:20210714213853j:plain

たまごにコーンを入れることでコーンの甘味が引き立つので、卵とコーンの組み合わせは好きです。だけど、色が一緒になってしまうので、ピーマンで彩りをプラスしました。

 

【材料】

 1~2人分

  • たまご 2個
  • 塩 1g
  • ピーマン 1/2個 
  • コーン 大さじ2
  • オリーブオイル 小さじ1

 

【作り方】

  1. 卵をボウルに入れて溶きほぐし、塩を加えて混ぜる。
  2. ピーマンは細切りにする。
  3. フライパンにオリーブオイルをしき、コーンとピーマンを入れて炒める。
  4. 卵液を注ぎ、スクランブルエッグを作る。
  5. 器に盛る。

 

たらことしめじのスクランブルエッグ

f:id:mifumim:20210714213907j:plain

たらこを多めに入れたので、プチプチな食感とたらこの塩気が美味しさをUPしてくれます。この組み合わせ、なかなかイイ!
 

【材料】

 1~2人分

  • たまご 2個
  • 塩 0.5g
  • オリーブオイル 小さじ1
  • しめじ 20g
  • たらこ 15g

 

【作り方】

  1. 卵をボウルに入れて溶きほぐし、塩を加えて混ぜる。
  2. フライパンにオリーブオイルをしき、しめじを炒め、火が通ったらたらこを加える。
  3. 卵液を注ぎ、スクランブルエッグを作る。
  4. 器に盛る。

 

『たまご』のイイトコロ

卵は、保存性が高く使い勝手がイイです。

ゆで卵、スクランブルエッグ、目玉焼き、様々な料理がさっと出来上がるので、忙しい時にたすけられてます。

 

卵100g中の栄養価は、

 

・エネルギー 142kcal

たんぱく質 12.2g

・脂質 10.2g

・炭水化物 0.4g

ビタミンB2 0.37mg

 

です。

卵1個約50gなので、1個食べるとこの半分くらいの栄養素です。

 

日本人の食事摂取基準2020年版で、

30~49歳のビタミンB2の1日の推奨量は

 

・男性 1.6mg

・女性 1.2mg

 

です。

1日1個くらい食べておけば、色々な栄養素摂れるのでイイかも位知れないですね。

 

これを食べればOK!なんて食品はないので、色々食べて栄養をきちんと摂って、いつまでも若々しく過ごしたいです!

 

ランキングに参加中です。
いつもポチッと応援、感謝してます♪♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村