ADD TASTY

管理栄養士の美容と健康を考えた食事ブログ

固定観念とおさらば!美容と健康を考慮したぶりの照り焼き風フレーク

f:id:mifumim:20201023230231j:plain

幼い頃から魚が好きです。

 

美容と健康のために、低温調理器を使用するようになって、魚を焼くという行為から遠ざかっていました。

 

それでも、美容にも健康にもいい方法で照り焼きが食べたい!

という思いから、ある日突然思いつきました。

 

ぶり好きの娘に好評な、我が家で定番になっている、ぶりの照り焼きフレークを紹介します!

 

 

ブリの照り焼き風フレーク

焼かずに作る!ブリの照り焼き風フレーク
ブリの照り焼き風フレークは、ある日ブリカマの蒸し焼きを作りすぎてフレークにしておいたことがきっかけで生まれたレシピです。

 

娘のお弁当の隙間に、さっと済ませたい私のお昼ごはん、時間がない朝食に、お出かけの時におにぎりに大活躍。

 

ご飯の上にこのブリの照り焼き風フレークと、大好きな温泉卵をのせて食べるのが好きです♡

 

フレークにしちゃだめでしょ!と見た目的に思うかもしれませんが、ネギトロだって美味しいし、いいんじゃない?って勝手に思ってます(笑)

 

材料

  • ぶり切り身 / 2切れ
  • 塩 / 1.5g
  • 醤油 / 大さじ1/2
  • はちみつ / 大さじ1/2
  • しょうがパウダー / 少々

 

作り方

低温調理器65℃で1時間加熱し、ぶりをほぐして、はちみつ&醤油&ジンジャーパウダーで味付けするだけ!超簡単!

 

フレークにする理由は、混ぜなきゃ味が馴染まない!ただそれだけです。

 

 

面倒くさがりな私は、GABAN ジンジャーパウダー 60gを愛用。

パウダーなら使いたいときに振るだけ!生は全部使いきれなし、チューブはショウガ以外にもいろいろ入っているしということで、超愛用中です。

 

低温調理する理由

焼くと焦げますよね。高温調理するとほぼ焦げてしまいます。揚げる、油で炒めるというような調理法は、老化のもととなるAGEを体内に溜めてしまう原因。

 

AGEが溜まってしまうと、シミやシワ、肌の弾力の低下、骨などの健康にも影響すると言われてます。

 

AGEをためないためには、食べ物でAGEを増やさない方法を考えることが大切。

ということで、できるだけ調理は低温調理、茹でる、蒸すという方法にしています。脂を使用しないから洗い物が楽。超助かってます。

 

私は低温調理器で加熱していますが、低温調理器がなくても、蒸して作ってももちろん大丈夫!

焦げる心配がなく美味しく調理できるので、とってもオススメです。

 

お料理を美味しく健康的に食べる参考になればうれしいです♡