ADD TASTY

管理栄養士の美容と健康を考えた食事ブログ

【美容おやつ】食物繊維たっぷり♡ココアのデーツボール5種

f:id:mifumim:20201014224625j:plain


美容や健康を気遣っていても、スイーツやおやつは食べたくなります!

 

食べることが大好きな私は、あまり我慢が得意じゃありません…

ということで、お菓子類はおうちにストックしていませんが、手作りの美容おやつはストックしています。

 

以前、パレオボールを作って以来、材料を変えてアレンジしているのですが、今回はココアをメインにアレンジしてみました。

 

ということで、ココア&デーツを使った、砂糖を使わない美容おやつを紹介します!

 

ココアデーツで好みにアレンジ!

基本のベースにアレンジを加えれば、好みのココアデーツを楽しめます!

 

美容のためには避けたいのが、血糖値をぐっと上げてしまう、食物繊維を含まないお砂糖。

デーツはなつめやしを乾燥させたものなので、甘味が強く、砂糖不使用のおやつ作りにぴったりです。だけど、デーツだけじゃ甘すぎる…

ということで、ココアパウダーを加えて甘味を抑えて食べやすく、まるでチョコのような感覚で食べられるボールにしてみました。

 

基本のココアデーツの材料

基本のココアデーツの材料は超シンプルです。

 

これを、ミキサーでねっとりするまで撹拌します。そして、好みの材料をプラスして、6等分して丸めてボールにするだけ!火を使わず、とっても超簡単なスイーツです。

 

私は3~4倍の量を作って冷凍保存しています。その時の好みに合わせて、私のおやつになったり、中学生の娘の昼食のデザートになったりしています。

 

ココアデーツの栄養

美容によいと言っても、気になるのはカロリーや栄養。

そこで、材料の栄養価を表にしてみました。

 

f:id:mifumim:20201014214715p:plain

参考:日本食品成分表2020 七訂

 

食物繊維は、日本人の食事摂取基準2020年版には女性18歳~64歳は18g以上、男性18~64歳は21g以上が目標量とされているのですが、24g以上(14g/1000kcal)が理想的とも記載されています。

 

それも、日本人の食物繊維摂取量の平均が14gくらいなので、結構頑張らないと18g以上には達成しにくいところ。

ということからも、間食には食物繊維が豊富なものがオススメです!

 

このココアデーツを6等分して1粒としているので、1粒当たりの栄養価とミルクチョコレートの同量の栄養価を比較してみます。

f:id:mifumim:20201014220744p:plain
参考:日本食品成分表2020 七訂

 

食物繊維の量は3倍以上。

ココアデーツ2個食べたら3.4gの食物繊維が摂れるなんて素敵♡

 

これから、毎日1~2個おやつとして食べていいんじゃないかな~と思わずにはいられない。とはいえ、糖質が高いので食べ過ぎ注意です(笑)

 

ココアデーツ×チアシード

チアシードとココアのデーツボール

【美容おやつ】チアシードとココアのデーツボール


基本のココアデーツに、チアシードをそのまま小さじ2加えて丸めるだけ。

アシードのプチプチ感が魅力です。5種のココアデーツの中で1番のお気に入り!

 

ココアデーツ×アマニシード

アマニシードとココアのデーツボール

【美容おやつ】アマニシードとココアのデーツボール
基本のココアデーツに、ローストアマニ小さじ2を加えて丸めました。
ローストアマニは香ばしさをプラスできます!

ココアデーツ×ピーナッツ

ピーナッツとココアのデーツボール

【美容おやつ】ピーナッツとココアのデーツボール

基本のココアデーツに、粉末ピーナッツ大さじ1を加えて丸めました。
小さい頃によく食べた、ピーナッツチョコを思い出すので、チアシードの次に食べたくなる頻度が多いです。

ココアデーツ×ベリー

ドライベリーとココアのデーツボール

【美容おやつ】ドライベリーとココアのデーツボール

基本のココアデーツに、フリーズドライフレーク フランボワーズ   小さじ2をプラスしました。

フリーズドライのものなら何でもOKだとおもいますが、パウダーよりもフレークの方が見た目がよいです。酸味が好きな方にオススメ。

 

ココアデーツ×柚子

柚子とココアのデーツボール

【美容おやつ】柚子とココアのデーツボール

基本のココアデーツに、ゆずパウダー  小さじ1弱加えて丸めました。

チョコでも和テイストのものも作りたいな~と思っていて、柚子を加えてみました。柚子好きなので、香りも一緒に楽しんでいます!

 

おやつにオススメ!デーツボール

ついついコンビニなどでスイーツに手が伸びてしまうのなら、手作りの美容おやつを食べよう!と思い、作り始めたデーツボール。

 

いつでもデーツボールが作れるように、我が家にはデーツが何袋かストックされるようになりました。

 

他にも、コーヒー、砕いたピスタチオ、アーモンドなど、様々な材料でアレンジできそうです。

 

お金を払うなら、身体にいいものがいいな~と思いますよね。

美容&健康のためのスイーツづくりの参考になればうれしいです。