Bihada Dish

-10歳肌を手に入れた、管理栄養士FuMiのお肌にうれしいレシピを綴るブログ

【発酵LOVE】『発酵あんこ』の腸活&美肌レシピ

お料理は、おいしくてお肌にもうれしいものがイイ!をモットーに、

栄養マニアの管理栄養士FuMiが、美肌レシピを綴ってます。

 

レシピブログ様の、NEXT FOODIST5期生に就任したのを機に、新しいことにチャレンジしていこう!と思っているところです。

 

発酵好きな私にとって、気になるな~、やってみようかな~と思いつつ、小豆を茹でるって時間かかるしな~と思って後回しにしていた【発酵あんこ】を作りました。



ブロンズレシピブロガーにランクUP💕

皆さまのクリックのおかげです。

感謝でいっぱいです💕

 

 

 

『発酵あんこ』のレシピ

材料

作りやすい分量

  • あずき 200g
  • 米麹 200g
  • 塩 2g

 

作り方

  1. 小豆を茹でる。

  2. 小豆を60℃以下に冷まし、米麹、ゆで汁100mlと合わせて混ぜる。
  3. 低温調理器を55℃にセットし、8時間加熱する。

 

食べ方

発酵あんこ。

からだによさそうなイメージのある発酵あんこ。

 

とはいえ、米麹は米です。

小豆は糖質の多い豆です。

ということは、ほぼ糖質なんです。

 

ぜんざい、おはぎ、おもち、どら焼き、たい焼き、大判焼き

あんこと一緒にたべるとおいしいものは、何故糖質なのか…

 

たんぱく質、脂質と組み合わせることなんてないか…

麩饅頭くらい?と思いました。

 

生まれも、育ちも、名古屋。

名古屋以外住んだことがない名古屋人な私。

あんことバターを組み合わせてトーストにしたいわけですが、美肌を気にする私としては抵抗が…

モーニングしてもあんこをトッピングに頼まないようにしてるのに…。

 

ということで、小さい餡玉にして食べることにしました。

甘いものが欲しいけど、フルーツって気分じゃないの~なんて時に食べられるよう、小さくして冷凍しておきます。

 

発酵食品と腸内環境

発酵食品が腸内環境によいのは常識です。

 

が、個人差もあります。

 

数年前、塩麹・甘酒作りにハマっていたことがあります。

その時に、甘酒を毎日おちょこ1杯くらい飲んでました。

その時の私の腸はすこぶる良好。

個人差はありますが、私の腸内細菌と甘酒は相性が良いことを思い出したので、発酵あんこ、少量ずつ取り入れていこうと思います。

 

余談ですが、豚バラ肉を甘酒と塩で漬けておいて、じっくり蒸したバラ肉は相当美味しくて、ハマっていた記憶が。

カロリーを気にしていなかった頃のお話しです。

 

発酵あんこ作りのきっかけ

発酵あんこを作るきっかけは、いつも素敵な食ナルモノを綴られているこちらの方。ot-icecream.hatenablog.com

 

赤インゲン豆でも発酵あんこを作られていて素晴らしいです。

色々なものを、工夫して作ってみえて素敵だな~と、ブログを拝見する度に思ってます。

 

他の方々のブログも拝見させていただいてますが、皆さま、個性があって本当にステキです。

自分だけの時間で体験できること、発想できることって限られていますが、様々な方の価値観や、思い、感情などに触れるってとても素敵なことだな~と日々思います。

 

皆さま、いつもありがとうございます!

 

10年後、20年後もキレイな肌でいたい

FuMi流の美肌の法則は、

 

🍎美肌=健康なBODY

🍎日々の栄養バランス

🍎新陳代謝&血行促進

 

です。

 

ちゃんと栄養を摂ることが基本なので、

お肌にいいと言われている1つの食材に注目するだけじゃなく、

色々な食材を食べること、

栄養が豊富なものを選ぶのは大切。

 

美肌を作るのは、日々の小さなお肌に優しい食事の積み重ね。

 

🍎楽しく料理を作って

🍎おいしく食べる

🍎食べ続けてキレイになる

 

のために簡単に作れるレシピを考えてます。

 

 

健康=肌の美しさ

 

なので、体の内側から美をはくぐんでいきたいです!

 

一緒にうるおうお肌を作りましょ~♡

 

 

レシピブログ様の、NEXT FOODIST5期生に就任しました♡
ネクストフーディスト

Instagram

https://www.instagram.com/fumi.dish/

 

ランキングに参加中です。
いつもポチッと応援、感謝してます♪♪
にほんブログ村 料理ブログへ