ADD TASTY

管理栄養士の美容と健康を考えた食事ブログ

時間はかかるけど手間最小『豚肩ロースとたっぷり野菜のトマト煮込み』

f:id:mifumim:20201215222824j:plain

忙しくてお料理している時間がない!

だけど、外食は健康のために控えたい…

 

そんな時には手間を最小にできる煮込み料理がオススメです。

 

材料をカットしたらお鍋に入れて煮るだけ。

煮込むのに時間をかけた方が美味しいですが、準備する時間はちょこっとだけ。

美味しいのに、手間は最小。

 

私の仕事が忙しい時の忙しいときの味方、『豚肩ロースとたっぷり野菜のトマト煮込み』を紹介します。

 

『豚肩ロースとたっぷり野菜のトマト煮込み』

f:id:mifumim:20201215214233j:plain

強い抗酸化作用が期待できるリコピン豊富なトマトを使った煮込み料理。

 

野菜をたっぷり入れて作るので、忙しくても野菜をたっぷり摂れる優秀作り置きレシピです。緑黄色野菜は煮込み料理に向いているものが少ないので、茹でたブロッコリーなどの緑黄色野菜を添えて食べるのがオススメです。

 

 (緑黄色野菜の方が栄養が豊富なので、生鮮食品を使うのが難しい場合は、冷凍食品を使っちゃうのもアリ!)

 

材料

10人分くらいの材料ですので、作りたい分量でお作りください!

  • 豚肩ロース塊 900g
  • 玉ねぎ 3個
  • にんじん 2本
  • キャベツ 1/4個
  • トマトダイス缶 1缶
  • 塩 15g
  • 好みのグリーンの野菜 適宜
  • 粉チーズ 適宜

 

作り方

  1. 肉は一口サイズに切る
  2. 玉ねぎは大きめのくし切りにする
  3. にんじんは乱切りにする
  4. キャベツは玉ねぎと同じくらいのサイズにカットする
  5. 大きな鍋に野菜、豚肉の順に入れ、トマト缶を加えて蓋をして弱火でコトコト煮る
  6. 塩を加えてさらに煮る
  7. 器に盛る(好みのグリーンの野菜も一緒に添えると彩りバッチリ)
  8. 好みで粉チーズをふる

 

ポイント

沸騰させるとお肉が硬くなるので、微沸程度がオススメ。

グツグツする前に蓋を取ってしまうとよいです。

お肉を下に入れると、肉に伝わる温度が高くなり、パサついたり硬くなったりするので、お肉は一番上に入れて火にかけるのがベターです。 

 

アレンジ3種

沢山作って、翌日はアレンジして楽ちんごはんにするのが、我が家流。

実は、アレンジして食べる方が子どもたちも私も楽しみなんです♪

 

じゃがいもとグラタン風に

f:id:mifumim:20201215214636j:plain

茹でて皮を剥いたじゃがいもとトマト煮をグラタン皿に入れて、チーズとパセリをふってトースターでチンするだけです。

チーズ好きにオススメ。

 

ショートパスタとともに

f:id:mifumim:20201215214652j:plain

茹でたショートパスタと絡めて器に盛り、バジルと粉チーズをふるだけ。

ファルファッレは、形がかわいくて子どもたちから好評です。
 

ポーチドエッグとパンと一緒に

f:id:mifumim:20201215214708j:plain

私の一番のお気に入りの食べ方がこちら。

茹でたほうれん草、ポーチドエッグと一緒に器に盛り、スライスしたパンを添えて食べます。 

 

たっぷり作って作り置き

仕事が忙しいと、食事を作るのも大変…

だけど、作り置きがあると食事の準備が楽だし、食事の時間を短縮しなきゃ!という焦りもなくなるので、美味しくお食事をいただけます。

 

ご紹介したアレンジ法以外には、

  • オムレツと一緒に盛る
  • 牛乳と塩を少々加えてミルクスープ
  • 水と塩、カレー粉少々、甘味(はちみつなど)を少々加えてトマトカレースープ

にしても美味です。

 

もしくは、肉を変えても味が変わるので、肉の種類を変えてみるのもオススメです。

チキンで作るとあっさりしてます。

牛肉では作ったことがないので、今度チャレンジしてみようかな。

もしくは、同じような煮込み料理を考えてみようと思います。

 

 

ランキングに参加中です。
ポチッと応援していただければうれしいです♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村