Bihada Dish

-10歳肌を手に入れた、管理栄養士FuMiのお肌にうれしいレシピを綴るブログ

【低温調理】『豚肩ロースの自家製チャーシュー』美肌レシピ

お料は、おいしくてお肌にもうれしいものがイイ!をモットーに、

栄養マニアの管理栄養士FuMiが、美肌&腸活レシピを綴ってます。

 

 

いつまでもキレイな肌でいたい!

お肌の老化はできる限り抑えたい!

 

というのは、キレイでいたい女性共通のお悩みの1つです。

 

 

お肌をキレイにするためには、栄養を摂ることは大切ですが、

 

『調理法』

 

も同じくらい大切。

 

お肌によい調理法を使って

周りに差がつくお肌を作りたい!

おいしさだって重視したい!

 

そんな、欲張りさんにおすすめな、おいしくて、お肌も整う低温調理のレシピをご紹介します。

 

作り置きも可能なレシピです。

 

 

ブロンズレシピブロガーにランクUP💕

皆さまのクリックのおかげです。

感謝でいっぱいです💕

 

 

美容のために必須なことは、栄養を過不足なく摂りながら、身体の炎症を抑えること。

 

肌の美しさの源は健康が基本

 

なので、老化をできるだけ抑える調理法を上手に使って、お肌を整えましょう♡

 

『豚肩ロースの自家製チャーシュー』のレシピ

このレシピの美容ポイントは、抗AGE対策として酢でマリネしたところ。

肉類はAGEがもともと多いので、調理法に注意するのがおすすめです。

 

【材料】

3~4人分

  • 豚肩ロース塊 300g
  • 醤油 大さじ1.5
  • はちみつ 小さじ2
  • 酢 大さじ1
  • 生姜すりおろし 2g
  • にんにくすりおろし 2g

 

【作り方】

  1. 肉の余分な水分をペーパーでふきとる。
  2. 耐熱の清潔は袋に肉、醤油、はちみつ、酢、生姜すりおろし、にんにくすりおろしを入れ、空気抜いて袋の口を閉じ、しばらく寝かす。
  3. 65℃に設定した低温調理器で8時間加熱する。
  4. スライスして器に盛る。

 

レシピについて

脂質はカロリーが高いし、飽和脂肪酸の摂りすぎになってしまいやすいので、脂質が少ない肉を選ぶことがおすすめです。

 

豚肩ロース肉の塊を買ったら、調味料に漬けておき、食べる当日の朝に低温調理器のスイッチを押してしまえば、夜食べられるんです♪

 

おいしいし、手間は少ないし、低温調理は我が家で大活躍。

 

低温調理器がない場合は、炊飯器の保温機能で温度管理をするのもいいし、耐熱の袋ごと、沸騰しない程度の微沸で湯煎するのもおすすめです。

 

が、衛生的なことや、手間を考えると、低温調理器はおすすめです。

 

安いのを使ってますが、難なく使えます。

 

美肌の法則

FuMi流の美肌の法則は、

 

🍎美肌=健康なBODY

🍎日々の栄養バランス

🍎新陳代謝&血行促進

 

です。

 

ちゃんと栄養を摂ることが基本なので、何かに偏る食事よりも、色々な食材を食べる、栄養が豊富なものを選ぶのは大切です。

 

美肌を作るのは、日々の小さなお肌に優しい食事の積み重ねなので、

 

🍎無理しない

🍎背伸びしない

🍎楽にできる

 

のために簡単に作れるレシピを重要視しています。

 

 

健康=肌の美しさ

 

なので、体の内側から美をはくぐんでいきたいですね。

 

 

 

今後もさまざまな美容ケアレシピをアップしていくので、参考にしていただけると嬉しいです!

 

◇こんなレシピがあったらいいな

◇こんな食材を使ってほしい

 

などなど、コメントを頂けると幸いです!

 

 

レシピブログ様の、NEXT FOODIST5期生に就任しました♡
ネクストフーディスト

Instagram

https://www.instagram.com/fumi.dish/

 

ランキングに参加中です。
いつもポチッと応援、感謝してます♪♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村