Bihada Dish

管理栄養士FuMiのお肌と腸を整えるレシピを綴るブログ

【美肌食事術】トラブル知らずの肌作りに!作り置きを使った野菜おかず3品をご紹介

f:id:mifumim:20211110220241p:plainマイナス10歳の美肌を作るための、作り置き野菜活用術をご紹介します。

 

  • 乾燥肌、肌の赤みなどの肌トラブルを減らしたい
  • シミ・シワ・たるみ肌対策をしたい (いつまでもキレイでいたい!)
  • 肌がキレイだねって、褒められたい (周りに差をつけたい!)
  • ファンデーションの厚塗りを減らしたい (時間もお金も節約に!)

 

そんな方におすすめです。

 

働きながらでも、子育て中でも、アラフォーでも大丈夫です。

(私が実証済み♪)

 

 

コンシーラーいらずの美肌の基本

美肌、美容のための食事の基本は

 

■高温調理を控えること

■野菜をしっかり摂ること

 

です。

 

つまり、調理法は生、蒸す、煮る、茹でる調理方法で、

野菜をしっかり食べるために、野菜のストックをしておくことができればいいんです。

 

ということで、毎回、夕食時に野菜を茹でることが大変なので、日曜日と木曜日は、私の作り置き時間と決めてます。

 

今回の作り置き9種類

今回の我が家の作り置きは、こちら。

どれも手間はかからず、さっとできるものばかりです。

f:id:mifumim:20211122150657j:plain

 

上の右から順番に

 

  • ブロッコリー、蒸しさつまいも、蒸しにんじん
  • 蒸し玉ねぎ、塩ふり白菜、ほうれん草
  • 小松菜、パプリカ、グリルまいたけ

 

茹でたり、100℃でグリルしたり、塩をふってしんなりさせるだけという、超簡単な作り置きです。

 

アレンジ料理を3品

私、娘、息子の3人家族なので、3人で朝食、夕食、だいたい3日で食べつくします。

(もちろん、これ以外の野菜や魚も食べます)

 

そのうち、今回作った3品をご紹介します。

 

蒸し玉ねぎと小松菜と青のり干しえび和え

f:id:mifumim:20211122154707j:plain

作り置きの蒸し玉ねぎと茹でた小松菜を使いました。

このレシピの美容ポイントは、カルシウムが豊富な小松菜と干しえびをプラスしているところ。

顔にも骨があるので、しっかりとケアしていきたいです!

 

ほうれん草とパプリカのメープル胡桃醤油和え

f:id:mifumim:20211122154729j:plain

作り置きの、茹でたほうれん草とパプリカを使いました。

このレシピの美容ポイントは、ほうれん草は鉄が豊富です。鉄は吸収率がよくないのですが、ビタミンCが吸収率を良くしてくれます。そこで、ビタミンCが豊富なパプリカを組み合わせました。

 

まいたけと白菜の胡麻レモン和えサラダ

f:id:mifumim:20211122154742j:plain

作り置きの、グリルまいたけと塩ふり白菜を使いました。

このレシピの美容ポイントは、ビタミンDが豊富なまいたけをチョイスしたところです。ビタミンDは骨の健康に関わる栄養素ですが、多くの方に不足していると言われている栄養素。日光を浴びる機会が少ない方は、意識してとることがおすすめです!

 

まわりに差がつく美肌の秘訣は調理法

私は子供のころから野菜好きでしたが、美肌とは言えない肌でした。

 

野菜好きだったにもかかわらず、老化の元になる酸化、糖化されたもの(加工肉やお菓子など)もよく食べていたんです。

 

そのようなものを控える(たまには食べる)ようになって、数年。

 

マイナス10歳肌を手に入れました。

 

毛穴がキレイになり、きめが細かくなるなど、

お肌がキレイになったことで変わったことは、

 

  • 鏡を見て自己嫌悪することが減った
  • コンシーラーを買わなくてもよくなった
  • ファンデーションの厚塗りをしなくなった
  • むしろ、ノーファンデがほとんどでお化粧の時間が減った

 

ということ。

 

忙しいワークママにとっては、自分の時間が増えてかなりハッピーです。

 

10年後もキレイな肌を作るための、参考にしていただけると嬉しいです!

 

 

ランキングに参加中です。
いつもポチッと応援、感謝してます♪♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ