Bihada Dish

-10歳肌を手に入れた、管理栄養士FuMiのお肌にうれしいレシピを綴るブログ

【発酵LOVE】『きのこの乳酸菌漬け』を作ってみたお話

お料理は、おいしくてお肌にもうれしいものがイイ!をモットーに、

栄養マニアの管理栄養士FuMiが、美肌レシピを綴ってます。

 

レシピブログ様の、NEXT FOODIST5期生に就任したのを機に、新しいことにチャレンジしていこう!と思っているところです。

 

雑誌で見かけた【きのこの乳酸菌漬け】を作りました。



ブロンズレシピブロガーにランクUP💕

皆さまのクリックのおかげです。

感謝でいっぱいです💕

 

 

 

『きのこの乳酸菌漬け』のレシピ

材料

作りやすい分量

  • きのこ(まいたけとしめじ使用) 350g
  • 塩 小さじ2
  • 水 200ml
  • にんにくスライス 10枚
  • クミンシード 10回ほどふる

Tarzan(ターザン) を参考にスパイス足しました。

作り方

  1. キノコを小房に分け、熱湯をかけて水気を切る。

  2. 清潔な袋にきのこ、塩、水を入れて常温で1~2日発酵させる。袋の口は少し開けておく。
  3. 2週間ほど冷蔵庫保存可。

 

参考本

参考は、先週から何度も読み返しているTarzan

実はお仕事の関連でおすすめされ、何冊か持っています。

 

今回、発酵性の食物繊維が大切だということで、内容を復習しようと購入。

 

知っていることを、再度勉強すると、脳に定着する度UPです。

学生の頃、1に復讐、2に復讐、34がなくて5に復讐と言われましたが、本当にその通り。

 

覚えていたつもりなのに忘れていたこととか、わかっているのに、実行できていないことって結構あります。

 

今回Tarzanの腸活のポイントは、プロバイオティクス(生きた菌)と、プレバイオティクス(食物繊維)を組み合わせたものであるシンバイオティクス。

 

全くその通り。

ヨーグルトだけじゃなくて、フルーツを入れてヨーグルトで食べるみたいなことです。

簡単に取り組めます。

 

というか、実行度少なかったな…と反省し、乳酸菌をより摂取するために、きのこの乳酸菌漬けを作りました。

 

大切なのは学ぶことじゃなくて、学んで実行すること。

 

発酵食品と腸内環境

発酵好きな私にとって、乳酸菌と聞けば、気になりまくります。

 

十人十色。個性があるようにその方の腸内も個性があります。

そのため、とある方には良い食事も、とある方には効果を感じにくかったり。

 

2週間ほど試して、体調がよくなるか見ていくのがいいそうです。

 

が、そんなのわかんない~~

という私は、とにかく色々なものを食べて、腸内細菌を労わる手段を選びました。

 

キノコの乳酸菌漬けもその1つ。

だけど、私はザワークラウトのほうが好みです。

でも、色々食べたほうが良いというチョイスなら、また作るのもアリかなって思っているところです。

 

10年後、20年後もキレイな肌でいたい

FuMi流の美肌の法則は、

 

🍎美肌=健康なBODY

🍎日々の栄養バランス

🍎新陳代謝&血行促進

 

です。

 

ちゃんと栄養を摂ることが基本なので、

お肌にいいと言われている1つの食材に注目するだけじゃなく、

色々な食材を食べること、

栄養が豊富なものを選ぶのは大切。

 

美肌を作るのは、日々の小さなお肌に優しい食事の積み重ね。

 

🍎楽しく料理を作って

🍎おいしく食べる

🍎食べ続けてキレイになる

 

のために簡単に作れるレシピを考えてます。

 

 

健康=肌の美しさ

 

なので、体の内側から美をはくぐんでいきたいです!

 

一緒にうるおうお肌を作りましょ~♡

 

 

レシピブログ様の、NEXT FOODIST5期生に就任しました♡
ネクストフーディスト

Instagram

https://www.instagram.com/fumi.dish/

 

ランキングに参加中です。
いつもポチッと応援、感謝してます♪♪
にほんブログ村 料理ブログへ