Bihada Dish

-10歳肌を手に入れた、管理栄養士FuMiのお肌にうれしいレシピを綴るブログ

『ゆで卵と野菜のにんにく塩麹漬け』美肌レシピ【準完全栄養品・卵で肌力上げたい①】

f:id:mifumim:20220414134305p:plain

今週は、美肌のに欠かせない良質なたんぱく質がテーマ。

卵を使ったレシピ①、『ゆで卵と野菜のにんにく塩麹漬け』です。

 

 

◆年齢に負けない肌を作りたい

◆肌のターンオーバーを活性化したい

◆いつまでもキレイな肌を保ちたい

◆肌トラブルを未然に防ぎたい

 

そんな方におすすめです。

 

 

卵は良質なたんぱく質を含む食品です。

 

たんぱく質は、筋肉、血液、皮膚、爪、髪などの細胞の主成分なので、

 

不足しないように考慮すべ栄養素

 

健康、美容を作るためには欠かせないんです。

 

そして、たんぱく質に大切なのは『』。

 

色々なアミノ酸が集まって作られているのがたんぱく質なので、必須アミノ酸をバランスよく摂取することが大切なんです。

 

良質たんぱく質と言われる卵は、必須アミノ酸をバランスよく含んでくれている、優秀な食材です。

 

 

肌の美しさの源は健康

 

なので、たんぱく質は質も大切にしたいですね。

 

食事、スイーツ、様々なものに使われている、保存性のよい卵。

 

卵を使ったレシピをご紹介します。

 

『ゆで卵と野菜のにんにく塩麹漬け』のレシピ

f:id:mifumim:20220417222738j:plain

このレシピの美容ポイントは、発酵食品の塩麹を使って漬けたところです。にんにくスライスを入れたので、香りも味のパンチもいい感じ♪

 

【材料】

2人分

  • ゆで卵 2個
  • きゅうり 1/2本
  • にんじん 1/4本
  • 塩麹 大さじ3
  • にんにくスライス 5枚

 

【作り方】

  1. ゆで卵の殻をむく。きゅうりとにんじんは輪切りにする。
  2. すべての材料を清潔な袋に入れ、空気を抜いて一晩寝かす。
  3. 器に盛る。

 

レシピについて

塩味が薄めなので、お好みで塩をプラスされても。

美容と健康のためには、薄味を激押しです。

 

きゅうりと人参を野菜に使いましたが、お好みのものでお作りいただいてもOK♪

 

卵のお話

卵に含まれるレシチンという脂質は、細胞膜の重要な成分。

 

カロリーが高いから摂りすぎには注意したい脂質ですが、何事も適度は大切です。

 

そして、卵はコレステロールを多く含む食品ですが、レシチンは血中コレステロールの上昇を抑えてくれる効果があるとされているので、健康な方は卵を1日1個食べても大丈夫だろうと言われています。

 

 

健康=肌の美しさ

 

なので、様々なものから栄養を摂って、内側からケアしていきたいですね~。

 

今後もさまざまな美容ケアレシピをアップしていくので、参考にしていただけると嬉しいです!

 

◇こんなレシピがあったらいいな

◇こんな食材を使ってほしい

 

などなど、コメントを頂けると幸いです!

 

出典:正しい知識で健康をつくる あたらしい栄養学
ランキングに参加中です。
いつもポチッと応援、感謝してます♪♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村