Bihada Dish

管理栄養士FuMiのお肌と腸を整えるレシピを綴るブログ

甘味噌でごはんがすすむ!『さといもときくらげの味噌おかか煮』レシピ【食物繊維が豊富なきのこで腸活➁】

白い表面に白と茶色のハート型のクッキー

今週は、食物繊維が豊富なきのこで腸活。

シリーズ➁です。

 

美容のために、食物繊維をたくさん摂ると決め、毎日きのこを食べるようになって数年。

冷蔵庫にストックするのを欠かさないようになったら、きのこを使うことが当たり前になりました。

 

秋はきのこのイメージですが、年中出回っているし、値段の変動が少ないのも嬉しいところ。

 

きのこを食べるメリットは、

 

  • 低カロリーなのでカロリーオフしやすい
  • 食物繊維を摂って腸内環境を整えられる
  • 不足しがちなビタミンDの補給になる

 

などです。

 

肥満予防、腸内環境を整えることは健康のために大切。

 

ビタミンDは、骨の健康に関わる栄養素。室内にいることが多くて、日光を浴びる機会が少ない方は不足しやすいので、積極的に摂れるとよいとです。

 

では、今回のレシピは『さといもときくらげの味噌おかか煮』です。

 

 

『さといもときくらげの味噌おかか煮』のレシピ

f:id:mifumim:20211010172556p:plain

甘めの味噌味に仕上げた味噌煮です。たんぱく質源が入らないので、うま味UPのためにかつおぶしを活用しました。

 

【材料】

3~4人分

  • 乾燥きくらげ 5g
  • さといも 正味200g
  • 水 材料がかぶる程度
  • かつおぶし 小1P
  • ★さとう 大さじ1
  • ★味噌 大さじ2

 

【作り方】

  1. きくらげは水でもどして食べやすいサイズにカットする。さといもは皮を剥く。
  2. 鍋にさといも、きくらげ、水を材料がかぶる程度入れて火にかける。沸騰したら★の材料を加えて弱火で煮る。
  3. 水分を飛ばし、器に盛る。

 

代用&アレンジ

きくらげの代わりに、しいたけでも代用可能です。

 

干ししいたけを使って、だし汁も一緒に使うこともいいかもしれません。そうすると、しいたけだしと、かつおだしの相乗効果で美味しさUPにも。

 

このレシピのイイトコロ

食物繊維を含む食材といえば、野菜、海藻、きのこ類のイメージですが、いも類も食物繊維源となる食材の1つです。

 

同じ重さで比べれば、キャベツよりも多く含んでいます。

 

いも類のなかでも、さといもはカロリーが多い方ではないので、このレシピはカロリーを抑えられるいも料理の1つにも。

 

甘めの味噌味で、食が進むのが難点ですが…

 

ランキングに参加中です。
いつもポチッと応援、感謝してます♪♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村