ADD TASTY

管理栄養士の美容と健康を考えた食事ブログ

コーヒーで作るスイーツレシピ3種【内側からキレイに!ポリフェノール⑤】

心のコーヒー豆

抗酸化パワーレシピの4、5週目はポリフェノール。 

玉ねぎブルーベリーカレー粉胡麻に続き、今回は『コーヒー』です。

 

少量なら有用な活性酸素は、大量に発生すると老化などの元に。抗酸化物質は、その活性酸素の働きを抑えたり、取り除いてくれます。

 

美容のために、毎日意識して摂って習慣化したいですね!

 

抗酸化物質の1つにポリフェノールがあり、ポリフェノールには沢山の種類があります。

 

今回は、アンチエイジングの味方、ポリフェノールの1つである、クロロゲン酸を含む『コーヒー』を使ったレシピ3種です!

 

 

コーヒー使ったレシピ3種

コーヒーは香りや苦みなど、癒しのドリンクですよね!

 

高校生の娘と私は2人ともコーヒーが大好きなので、コーヒースイーツをたまに作ってます。

 

今回は愛しのコーヒーを使ったスイーツを3つ紹介します!

 

コーヒーゼリー

f:id:mifumim:20210609134855j:plain
ふつ~のなんの変哲もないコーヒーゼリーですが、美容&健康ポイントは押さえてます。ポリフェノールは腸内細菌のエサになるので、美容&健康度UPが期待できちゃいます!甘みは腸内環境によいフラクトオリゴ糖を使って、さらに腸活スイーツを目指しました。

 

【材料】

 

 

【作り方】

  1. ★の材料をボウルに入れ、ゼラチンをふやかしておく。
  2. コーヒーとオリゴ糖を合わせて混ぜる。(液体温度は人肌程度にしておく)
  3. ゼラチンを湯煎し、溶かす。(湯煎の温度が高いと固まらなくなるので、湯煎はお風呂の温度より少し熱いくらいにする)
  4. ③ゼラチンと②のコーヒー液を合わせ、ゼリーの器に入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて固める。
  5. ゼリーが固まったら出来上がり。好みでマスカルポーネチーズやメープルをかける。

 

簡単アレンジ!

f:id:mifumim:20210609134907j:plain

ゼリー容器の中でコーヒーゼリーをクラッシュし、牛乳とはちみつなどを少し加えてみました。仕事の休憩に癒される♡

 

アーモンドコーヒークッキー

f:id:mifumim:20210606230125j:plain

コーヒー味のグルテンフリークッキーです。このクッキーを焼いたら、食後に1個食べたくなっちゃうんです。つい食べ過ぎる私は、小さめサイズのクッキーを作ってカロリー調整がしやすいように対策してます。
 

【基本の材料】

 

【作り方】

  1.  インスタントコーヒーは茶漉しなどで漉して細かくしておく。
  2. 卵、ココナツオイル、オリゴ糖をあわせてよく混ぜる。(寒いとココナッツオイルは個体になるので、卵が固まらない程度温度の湯煎で液状にする)
  3. アーモンドフラワーと塩、インスタントコーヒーを加えてよく混ぜる。
  4. 丸めて円形につぶし、天板に並べる。
  5. 170℃に温めたオーブンでで15分焼く。

 

コーヒーメレンゲ

f:id:mifumim:20210606230231j:plain
甘さ控えめなコーヒーメレンゲです。ちょっと甘さが欲しい~と思ったときに癒されます。

お砂糖は腸内環境によいオリゴ糖を含むてんさい糖を選んで使ってます。色がついているので、塩と間違えることもありませんよ~!

 

【材料】

 約30個分の材料です。

  • インスタントコーヒー 小さじ3/4
  • 卵白 卵1個分
  • てんさい糖 大さじ1
  • シナモンパウダー 適宜
  • ココナッツファイン 適宜

 

【作り方】

  1.  インスタントコーヒーは茶漉しなどで漉して細かくしておく。
  2. 卵白を泡立て、てんさい糖を小さじ1ずつ加えて3その都度泡立て、3回に分けて加えてメレンゲを作る。
  3. 小さめのボウルにメレンゲを少し入れ、インスタントコーヒーを加えてよく混ぜなじませる。
  4. ③を➁のメレンゲに入れてさっくり混ぜる。
  5. 天板にオーブンペーパーをしき、絞り袋に入れて絞り出す。好みでシナモンやココナッツファインをちらす。
  6. 100℃に予熱したオーブンで60分焼く。オーブンが覚めるまでオーブン内で放置する。

 

※カロリーをチェックしてみます!

 

  • Mサイズの卵白1個(30g)  13kcal
  • 砂糖大さじ1(10g) 36kcal

 

30個くらいに焼いて1個食べたとしても、1個1 kcalくらいなんです。

だいぶ低カロリーです!

 

娘に教えたら、これからスイーツはメレンゲにしよう!と嬉しがってました(笑)

 

甘すぎるメレンゲが苦手なので、私が作るメレンゲは甘さ控えめです。

 

カフェインを知っておくと吉!

ポリフェノール・クロロゲン酸は、コーヒーの褐色や苦み、香りのもとでもあります。

 

ポリフェノールは腸内細菌のエサとなって、腸内環境を整えてくれることが期待できます。

食物繊維や発酵食品だけが腸活にいいわけじゃないんですね。

 

コーヒーが好きとは言え、カフェインは気になります。

カフェインの過剰摂取は、心拍数の増加や興奮、不安、不眠省、下痢などの被害の可能性があります。

 

米国では、健康な大人は1日あたり400mg、コーヒーだと4~5カップ程度

WHOでは、妊娠している女性はコーヒーを1日3~4カップ程度

 

と書いてありました。

(カフェインの過剰摂取について:農林水産省)

 

カフェイン含有量は、

 

  • カフェインを多くし添加した生成飲料100ml 32~300mg
  • インスタントコーヒー2g 80mg
  • コーヒー100ml 60mg
  • 紅茶100ml 30mg
  • 煎茶100ml 20g
  • ほうじ茶100ml 20g
  • ウーロン茶100ml 20g
  • 玄米茶100ml 10g

 

でした。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000170477.html

 

エナジードリンクなどには注意!

栄養士の学校に通っていた時、勉強するための寝不足対策で摂りすぎてたかも…

 

 

私はコーヒーが好きなのですが、内向的なのでカフェインは不向き…。なので、いつもデカフェです。

 

お得なので、こちらを毎月何個か買ってます。睡眠の質のために夕方以降はカフェインを控えた方がよいですが、デカフェなのであまり気にせず飲めちゃうので嬉しい♡

 

ランキングに参加中です。
いつもポチッと応援、感謝してます♪♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村