ADD TASTY

管理栄養士の美容と健康を考えた食事ブログ

ブロッコリーのグリルレシピ3種【老化予防のためのビタミンC②】

f:id:mifumim:20210525123352p:plain
抗酸化パワーレシピの2週目はビタミンC。

パプリカに続き、ビタミンCの2回目はブロッコリーです。

 

ビタミンCは、

  • 抗酸化作用があり活性酸素を除去して老化防止に役立つ
  • コラーゲンの合成を助ける
  • シミなどの原因メラニン色素の合成を阻害する
  • 免疫力を強める

 というような嬉しい働きが期待できます。

 

紫外線が特に強い暑い季節、お肌を整えるために重要視したいですね。

 

今回はブロッコリーを使ったレシピを3種紹介します!

 

ブロッコリーのグリルレシピ3種

ビタミンCは水溶性のビタミンなので、たくさん摂りたいときには茹でない調理方法がおすすめです。

 

損失はできるだけ避けたいな~と思い、今回はトースターやフライパンでグリルするブロッコリーレシピを3種考えました。 

 

ブロッコリーのグリル×チーズ

f:id:mifumim:20210525122945j:plain

シンプルな味付けなので、メイン料理の添え野菜にぴったりです。粉チーズをプラスすることで、カルシウム強化にも。

 

【材料】

 2人分の材料です。

 

【作り方】

  1.  ブロッコリーをトースターなどでグリルする。
  2. 粉チーズ、ブラックペッパーをふりかける。
  3. 器に盛る。

 

ブロッコリー×ガーリック

f:id:mifumim:20210524204319j:plain

じっくり加熱することで、香りのよいグリルになります!

 

【材料】

 2~3人分の材料です。

  • ブロッコリー 100g
  • ミニトマト 8個 
  • ★塩 2g
  • ★ブラックペッパー 少々
  • ★ オリーブオイル 大さじ1
  • ★にんにくみじん切り

 

【作り方】

  1.  ブロッコリーを子房に分ける。ミニトマトはヘタを除く。
  2. ★の材料をボウルに入れてよく混ぜ、ブロッコリーミニトマトにかけて和える。
  3. アルミホイルの上にブロッコリーをのせ、グリルする。
  4. 器に盛る。

 

ブロッコリー×卵

f:id:mifumim:20210524204432j:plain

カレー粉を加えたスパイシーな卵炒めです。カレーの風味が子どもにも人気でした。

 

【材料】

2~3人分の材料です。

  • ブロッコリー 100g
  • 卵 1個
  • オリーブオイル 小さじ1
  •  塩 2g
  • カレー粉 少々

 

【作り方】

  1.  ブロッコリーを子房に分ける。卵はボウルに入れて溶き卵にする。
  2. フライパンにココナッツオイルを入れてブロッコリーを炒める。塩を利調味する。
  3. ブロッコリーに火が通ったらフライパンの脇に寄せ、空いたスペースに卵液を流して炒り卵を作る。
  4. 器に盛り、好みでブラックペッパーをちらす。

 

ブロッコリーの栄養の変化をチェック

ブロッコリーは我が家でよく買う食材の1つです。食事の彩りを良くしてくれるし、栄養も豊富だし、調理が手軽なのもイイところ。

 

ブロッコリー100g中のビタミンCは

 

です。

茹でることで損失が大きいので、ビタミンCをたくさん摂りたいときは、生やグリルなどがおすすめです。

 

ただ、茹でたブロッコリーでも、キャベツ100gのビタミンCより多く含んでいるので、野菜をきちんと食べればいいんじゃないかな?と思っちゃいます。

 

野菜の食べる量が少なかったり、ビタミンCを意図的に摂りたいならグリル、生で食べることがおすすめです。

 

ランキングに参加中です。
いつもポチッと応援、感謝してます♪♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村